まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
独り言
2015年03月31日 (火) | 編集 |
今日は、私の長年思ってきたことの独り言です。

あくまでも戯言です・・・。

猫の地域活動や保護・里親探しをしていての矛盾です。

猫を保護し、里親探し、それに伴い、病気や怪我の猫ちゃんの看病もしてます。

なのに、妊娠している猫ちゃんの避妊手術も行いました。

助けてあげられる仔猫ちゃん、堕胎させてしまった仔猫ちゃん・・・、何が違うんだろうと・・・。

ずーっと、心の片隅に疑問がありました。

昨年、超虚弱児・産み落としの生君の長い闘病生活を過ごし、命が助かり、今、まだ標準より小さく、完治はしていないものの、いっぱいご飯を食べることができて、いっぱい遊んで、たくさんの猫軍団に囲まれて、楽しそうに猫生を送っています。

堕胎させてしまった仔猫ちゃんたちは、せっかく授かった命なのに、助かった生ちゃんの命と変わらないはずなのに、何もせずに私の身勝手で命がもぎ取ってしまいました。

お外で産まれても、お家で産まれる確率より少ないですが、お母さんに甘えられて、太陽の恵みを浴びながら、お外で自由にのびのびと遊べ、短い命かもしれないけど、幸せと思える時間を持てたのでは・・・。

母猫のお腹に宿った時から、その仔猫ちゃんの命は平等。

そして、その仔猫ちゃんの命の権限は母猫にあるのではないのかと・・・。

妊娠している猫で、いかにも手術してほしいという猫ちゃんがいました。

いつもは捕獲器になかなか入らないのに、その時は、すんなりと庭に置いてあるキャリーバッグに入ってました。

怠惰に躊躇していた私は、なかなかキャリーバッグの蓋を閉めることができず、家事が終わってもまだ入っていたら、キャリーバックの蓋を閉めようと思いました。

家事が終わり、見に行くと、まだキャリーバッグに入っていました。

蓋を閉める時も病院へ行くときもおとなしくしていました。

そして、避妊手術が終わり、翌日、私にお腹を見せて、すっきりしたというオーラを出していました。

この猫ちゃんは、妊娠は嫌だったんでしようね。

先日、隣の市の高校の先生が、子猫を生き埋めにしたと騒がれています。

確かに許せません。

では、お腹にいる仔猫だったら、堕胎、つまり、殺していいのでしょうか?

その生き埋めにされた仔猫ちゃん、産み落としで助かった生君、怠惰された仔猫ちゃんの命、何が違うんですか?

私にはわかりません。

みんな同じだと思います。

だったら、今年は堕胎はせずに産ませます。

そして、仔猫が離乳したら、母猫の手術をしようと思います。

この間の日曜日、ちょうど避妊手術の相談があり、どうぶつ基金の無料チケットを利用して、妊娠中の猫ちゃんのTNRをしようとしました。

が、保護主様が私に猫ちゃんを見せようとしてら、脱走してしまいました。

見知らぬ土地で脱走、しかもお腹にはもうじき生まれそうな仔猫が・・・。

すぐに捕獲器を設置、翌朝には保護されました。

実は、このTNRの依頼を受け時から、ずーっと考えていたこと。

避妊手術をして、お腹の仔猫は引き取ってこようと。

そして、私が人工で育てようと思っていました。

が、母猫ちゃんもすぐに触れるほど温厚でかわいいです。

だったら、正直、人工で育てるのは大変だし、初乳を飲んでない免疫のない仔猫の弱さは生君でわかっているので、
このまま我が家で産ませてしまおうと・・・。

保護主さんにお話ししたら、

「馬鹿じゃないの」

と言われました。

私は、規格外の人間です。馬鹿で結構です。

ただ、命を粗末にするのだけは嫌です。

神様からいただいた命を大切にしたいだけです。

というわけで、今年は馬鹿なチャレンジをしてみようと思います。

全部が全部の猫ちゃんにそうするわけではありません。

猫は、ちゃんと私たちに話かけています。

猫ちゃんたちと話し合い、お互いにいい方向になるようにしていきたいと思っています。

それと、妊娠していない猫ちゃんについては、今までどおり、TNRはしていきます。

因みに、私の里親探しも同じです。

猫ちゃんと里親様の仲介役として、お互いの生活・生活環境等を考慮し、アドバイスをさせていただき、里親様に行った後、里親様も猫ちゃんも幸せになってもらえればと思っています。

だから、決められてアンケートや条件はありません。

そして、生涯アフターフォローをさせていただく約束はしています。

そのときそのとき、佳き道となるようなお手伝いをさせていただいております。

今、妊娠中の猫ちゃんを一生懸命捕獲しようとしている方には、読んでいた気分を害したのではないかと思います。

申し訳ございません。

人それぞれ、TNRへの考えもそれぞれということでご容赦のほど、よろしくお願いいたします。

ん~、今週末には乳飲み子ちゃんが3匹来る予定です。

他にも、今年は昨年から考えていた悪巧みが実行されて、忙しくなっています。

応援してくださっている皆様から私の身体を心配する声をいただきます。

私は大丈夫です。

我が家の猫軍団が、私が倒れるとご飯がもらえなくなるから、陰から健康をくれているので大丈夫ですよ。

では、今年も仔猫祭りが開催されました。

どうなるか、楽しみにしていてくださいね。




第一弾

先ほど書いた母猫ちやんです。温厚なかわいい猫ちゃんです。明日、病院に健診に連れて行きます。
DSC_2125.jpg
そこで、まだ、産まれていませんが、里親様募集いたします。
ご関心のある方は、メールむフォームからご連絡ください。
宜しくお願いいたします。

















スポンサーサイト
鎌ヶ谷市さん、お願いいたします
2015年02月05日 (木) | 編集 |
本日も、推定年齢5か月の幼猫ちゃんが保護されました。

天気予報は雪です。

その前に、お家に入れて良かったね。

保護主様、寒くて天候の悪い中、ありがとうございます。

DSC_1840.jpg


実は、1/25に、兄弟猫ちゃんが保護されています。

あと、二匹います。

そして、また、近所に仔猫ちゃんが3匹いるとの情報が・・・。

先日、主治医に、私の周りには10人以上の餌やりさんがいて、今までTNRした数も約80匹していて、でも、まだ、あの地域はTNRに着手していなくてと・・・お話ししていたら、驚いていました。

そんなにいるのと・・・。

います、います。

いっぱいいます。

鎌ヶ谷市では、TNRや地域猫は周知されていません。

鎌ヶ谷市役所の担当さん、頑張ってください。

是非、他の市みたく、マニュアルを作成し、周知をお願いいたします。

それが、苦情が減る第一歩です。

それと、ボランティア募集もお願いいたします。

宜しくお願いいたします。







捕獲器の中には・・・
2015年01月28日 (水) | 編集 |
我が家の裏は、猫ちゃんの子育てメッカ。

シーズンになると、出産、子育てしに、猫ちゃんがやってきます。

そこがある限り、私の周りは猫は減らないでしょうね。

困ったもんです。

で、今回、前々回のブログで紹介したシンデレラガールの兄弟猫ちゃんがいるので、捕獲器を我が家の玄関前にセット!!

暫く立って見に行くと、捕獲器に入っていたものは・・・、

DSC_1832.jpg

何だかわかりますか?

そうです、子狸です。

狸は凶暴と聞いていたので、勘弁と思いながら、ふたを開けて出て行ってもらいました。

我が家の周りも、急に緑が開拓されています。

狸さん、住むところ・ご飯がないんでしょうね。

まさに、平成ポンポコ祭り!!

開拓してくれるのはいいですが、もう少し野生の動物達にもやさしく、思いやりのある開拓を望みます。

野生の動物の住むところ、トイレをなくしたのは人間です。

動物達も生きるためには必死です。

その点を理解していただけると嬉しいですね。

千葉ニュータウン付近、強力な猫ボラアニマルフレンドさん!!
2015年01月23日 (金) | 編集 |
千葉ニュータウン付近を根拠に活動している猫ボラ団体さんのアニマルフレンドさん。

ちょっと声掛けをさせていただき、今回ご縁がありました。

ANIMALFREND.png


アニマルフレンドさんのホームページの情報量、凄いです。

尊敬いたします。とうてい私にはできません。

鎌ヶ谷市民の皆様、申し訳ございませんが、何かありましたら、アニマルフレンドさんのホームページを参考にするといいです。
いつでもホームページが開けるようにね左側にバナーを貼りました。

見たいときにはバナーをクリックしてくださいね。

アニマルフレンドさんは地域猫活動だけではなく、迷い猫・里親探し・愛護センター情報等、全ての情報が得られます。

猫ちゃんや人間のことを考えて、いろいろな方向からの情報を掲載しているなんて、メンバーの皆様、きっと思いやり一杯の方たちなんでしょうね。

私は、やはり人と猫が少しでも幸せになれるお手伝いをしたく、自由気ままな猫ボラをしています。

猫と人間が幸せになるために、地域猫とか保護活動とかの領域は関係ないと思ってます。

今、目先の問題に取り組み、最良な方法を一緒に考えていけたらと思ってます。

その点では、アニマルフレンドさん、私が理想としているところです。

鎌ヶ谷市民の皆様も頑張りましょうね。

現状なかなかメンバーが集まりません。

どうぞ興味のある方、メールフォームからお問い合わせください。

現在、車を運転できる方をとくに募集しております。

餌やりさんはご高齢ということもあり、免許のない方が多いです。

TNRのときの、病院への搬送をお願いしたいです。

どうぞ興味のある方、メールフォームからお問い合わせください。

宜しくお願いいたします。

冬生まれの仔猫
2014年12月08日 (月) | 編集 |
今も、お腹の大きい女の子の猫ちゃんがいるからとご相談が数件あります。

結論から言うと、お外で冬産まれた仔猫は育ちません。

へたすれば生まれた当日にお星さまではないでしょうか?

生後1か月くらいまでは自分で体温調節はできません。

仔猫ちゃんのそばから母猫が離れたら、保温できずに、低体温→機能低下でアウトです。

わが家の超虚弱児のもうじき生後3か月の生君も、ホットカーペット敷いていても低体温になります。

仔猫が育たない証拠に、これからの季節、子猫の里親募集は少なくなります。

里親募集があったとしても、秋生まれの仔猫もしくはお家で産まれた仔猫です。

現在、我が家のすぐ裏に、子育てメッカがあり、そこに痩せこけた3匹の仔猫が母猫といます。

このままだと、この冬は越せないと思います。

他人の土地なので、入って慣らすこともできず、傍に許可を得て捕獲器を置いてあります。

無事、保護されて欲しい、間に合ってほしいと祈る毎日です。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット