まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
おむつした猫知りませんか?
2013年07月30日 (火) | 編集 |
今日の午後、先日知り合った方から、「おむつをした猫が会社の駐輪所のところにいるんだけど」と連絡をいただきました。

急いでで見に行くと、そこにはいなく、さらに遠くに歩いていました。

保護するために、急いで捕獲器を取りに帰り場に戻りましたが、゜もういませんでした。

周辺を探しましたが、見当たりませんでした。

白が主体の猫です。

かなり痩せていて、猫風邪で目やにが酷いです。

おむつをしています。

東道野辺のヨークマートの反対側の道路を歩いていました。

心当たりの方、探して飼い主さんのところに戻してあげてください。

よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
地域猫の説明会無事終わりました
2013年07月30日 (火) | 編集 |
この間の日曜日、鎌ヶ谷大仏駅のそばの八幡神社のアウトドア猫軍団の地域猫についての説明会をしました。

お休みにも関わらず、習志野保健所、鎌ヶ谷市役所の担当様、船橋市の地域猫活動を支援しているNPOふなねこ様が出席していただきました。

ありがとうございました。

お陰様で、立派な説明会を開くことができました

また、町内会にしか回覧板でお知らせしませんでしたが、ブログを見て参加してくださった方もいたり、10名くらいの方が参加してくださいました。

昨年は、4名でした。

同じ町内会で二度目の説明会ということで、少しは皆様に関心を持っていただけたのでしょうか。

鎌ヶ谷市役所の担当の方も、「地域猫活動」とわからないまま担当になり大変でしょうが、いろいろと勉強をしてくださり、何よりも「餌やりさん」の立場をよく考えていただけております。

感謝です。

行政の方、ボランティアのふなねこさま、ねこだすけ習志野支部様と周りに理解者がいてくださることは、とても力強く、本当に感謝の一言です。

鎌ヶ谷市で地域猫活動をしようとしている方、どうしていいかわからず餌だけあげている餌やりさん、強い見方がいます。

ぜひ、ご連絡ください。

どうしたらいいかお話しませんか?
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
地域猫の説明会を開きます
2013年07月20日 (土) | 編集 |
今度、鎌ヶ谷大仏駅周辺、主に鎌ヶ谷八幡神社周辺を対象に、千葉県の「飼い主のいない猫の不妊手術事業」に応募しました。

つきましては、説明会を開きます。

習志野保健所 担当者様、船橋市の地域猫活動団体 NPO法人ふなねこの表の清水真由美様鎌ヶ谷市環境課担当(未定)が参加していただけます。

野良猫でお困りの方、専門の方のお話が伺える、また、相談ができるチャンスです。

下記の通りに開催しますので、ご興味・ご関心のある方、ぜひ、参加してください。

たくさんの方のご参加待ちしております。

    
***************************************************************************************

       日時 : 平成25年7月28日(日)  10時~
       場所 : 鎌ヶ谷コミュニティーセンター
            (鎌ヶ谷大仏駅徒歩2分、バスロータリー側長谷川皮膚科の脇をはいってすぐです)



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
地域猫 県民セミナ-のお知らせ
2013年07月17日 (水) | 編集 |
今度の日曜日に、柏市で日本愛玩動物協会「地域猫」の説明会が下記の通りにあります。

私が勝手に思っている師匠の「NPO法人ふなねこ」様の代表の清水真由美さんが講演します。

とてもわかりやすい説明ですので、是非、お時間がある方は参加してみてください。

ためになります。

日時:平成25年7月21日(日) 13時~16時30分(受付:12時30分~)
場所:ウェルネス柏 (柏市柏下65-1)
主催:千葉県支部
後援:柏市

内容:一般・支部会員対象の無料セミナー。
   テーマ1:地域ねこ
     講師:NPO法人ふなばし地域ねこ活動代表 清水真由美氏
        飼い主のいない猫対策として注目されている「地域ねこ」。講師の豊富な経験談からノウハウを
        学びましょう。
   テーマ2:災害時におけるペットたち ~ねこ編~
     講師:(公社)日本愛玩動物協会職員 白井百合氏
        東日本大震災後、何度も現場でペットの保護活動に携わってきた講師が見た災害時における犬と
        猫の違い。愛猫のための備えとは?

連絡:入場無料。予約不要。直接会場にお越しください。




DSC_0188.jpg
本日のゆず「やっと入れました」
テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
本日も、仔猫を保護しました。
2013年07月15日 (月) | 編集 |
先日、仔猫が捕獲器で保護できたので、試しに、裏の家の残りの子猫たちが保護できたらと思い、捕獲器をかけました。

アルミホイルの上に、餌を横長くおいて、二匹いっぺんにかかったらいいなと思いましたが、一匹だけでしたが保護どきました。

明日、また、東京のボランティアさんに

最初は暴れて威嚇していましたが、シャンプーしてからゲージに移して、しばらくしたら落ち着いたみたいで、触ることができました。

目やにも酷かったので、目薬は無理でも拭くことはできました。

それだけ慣れてくれれば、里親見つかるの早いですかね。

そうだといいですが。

ちなみに、いつもお願いしているボランティアさんは、左のバナーにある「幸せにゃんこ」の里親会に出しています。

ぜひ、仔猫を飼うことをご検討している方、一度、「幸せにゃんこ」のホームページを見てください。

よろしくお願いいたします。




また、仔猫を保護できました。
2013年07月14日 (日) | 編集 |
土曜日に「どうぶつ基金」の不妊手術を予約していました。

仔猫たちの親を手術をしたく、すっかりと疲れていて、捕獲器を仕掛けるのを忘れており、急いで、玄関先にから揚げをいれた捕獲器を仕掛けました。

正直、落ち彼でやる気ゼロでした。

5分後、なんか玄関先で騒いでいる音が。

見てみると、仔猫がかかっていました。

猫仲間さんに急いで連絡し、いつもの東京のボランティアさんのところに行くことが決定。

良かったです。

東京のボランティアさんは個人3人くらいで猫ボラをしてくださっていますが、責任を持って里親を探していただけます。

東京のボランティアさんには感謝です。

足を向けて寝れません。

で、仔猫達の親の母猫ですが、一週間観察しましが、そばにいる猫はみんなさくら耳でした。

ということで、大人の猫の手術はとりあえず完了。

残りの子猫達、できたら保護したいです。

難しいですが、チャレンジしてみます。

子育てスポットの猫達
2013年07月07日 (日) | 編集 |
我が家の前後に子育てスポットがありました。

個人宅と個人の所有の市の文化財で、草木に生い茂り、人の気配がないため、猫の子育てスポットに。

せっかく、不妊手術をして、今年は仔猫が生まれていないのに、子育てスポットに新たなファミリーが引っ越してきました。

その子育てスポットの個人宅の方ですが、仔猫が4匹。

個人宅なので行政に相談しましたが、個人宅なので何もできないそうです。

まぁ、この個人宅のご家族は猫嫌いなんですが、雨戸も一年中開けないので、現状がよく理解できていないみたいです。

とりあえず、どうにかしなければならないので、餌付けをしてみました。

餌付けをして一週間。

寄ってくる仔猫が二匹。

金曜日に餌を食べているところを捕まえました。

そして、いつもの私の師匠であるボランティアさん経由で里親を探していただきます。

また、土曜日には残りの子猫を保護しようとしましたが、警戒心が強いのでダメでした

しかし、母猫が捕獲できたので、そのまま避妊手術をしてしまいました。

今朝、母親の姿が見えないのて心配しましたが、夕飯時には親子3匹で現れたのでほっとしました。

仔猫たちは通常より小さめです

梅雨も明け暑さが厳しくなります。

どうか無事であることを祈ります。

さて、ほかにも仔猫が何匹かいます。

新たに現れた仔猫の母親を捕獲したいので、夕方、その仔猫と一緒にいた猫をみたら、耳カットされいました。

でも、その耳カットされた猫は、おっぱいが大きいんです。

???

他の黒仔猫2匹をつれていた猫も耳カットされていんです。

先日まで、家の庭で生後1年の猫達におっぱい吸わせていた猫も耳カットされています。

我が家の周りは黒猫が8割以上なので、だれがだれだかわかりません。

もしかしたら、全員おんなじ猫?

子育てが趣味な猫なのかな?

とりあえず、来週の土曜日に手術の予約を入れているので、この一週間よく観察しないと。

DSC_0176.jpg


ガラス越しから、我が家の庭にいるアウトドア軍団6匹です。



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
六番目、モモ
2013年07月06日 (土) | 編集 |
先週、保護した骨折した仔猫を我が家の六番目として迎えることにしました。

名前は「もも」です。

DSC_0171.jpg


土曜日に保護し、病院に連れて行き、検査入院をしました。

先生から、「骨折はやっぱりしています。それよりも、血圧低下と貧血があり、意識が朦朧としている方が心配」とお電話がありました。

翌日、迎えにいって横たわって寝ているモモを見て、「やっぱりダメでしたか」と聞いてしまいました。

が、復活しました。

本日、病院に連れて行ったところ、骨がくっつき始めているので、手術はしなくて済むそうです。

良かったです。

家に帰ってから、モモはごはんもトイレもきちんとして、さらに、二段ゲージを登ったり降りたりしていました。

命が救われました。

我が家は、女の子は四番のちぃしかいないので、女の子だからと「モモ」と名付けました。

・・・でも、よく見ると、男の子・・・

ちょっと残念というか、とっても残念。

ごめんね、モモ、こんなこと考えているママで。

でも、モモはモモだから、お兄ちゃんやお姉ちゃんたちと仲良く幸せに暮らしてください。



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット