まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
さくらねこ不妊手術事業実施~H26.5.24~
2014年05月26日 (月) | 編集 |
公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」により、今月は5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。 公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます

今回の猫ちゃんは、
DSC_0772.jpg

女の子です。

先日ブログで里親探しをしていたキジトラ君のお母さんです。

DSC_0770.jpg


近所の方がカラスから襲撃されていたキジトラ君と黒君と母猫ちゃんを保護してくれました。

キジトラ君は、昨日、柴犬を2匹飼っていて、お母様も猫ちゃんをかったことがある動物好きファミリーのところに、里親に行きました。

お嬢さんがとても気に入ってくださっていて、すでにまったりしているみたいです。

里親様、今後もキジトラ君のことよろしくお願いいたします。

話は戻り、お母さん猫もせっかく保護されたのだから、そのまま戻すわけにはいきませんよね。

そこで、今回、どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」により手術をさせていただきました。

どうぶつ基金様、ありがとうございます。

今まで授乳中だったので、腫れている乳腺を避けての手術で大変だったそうです。

暫く保護主様のところで療養してからお戻しとします。

これで、発情期に男の子たちに追われることもなく、育児の心配もなく、まったりした生活を送っていただければと思います。



スポンサーサイト
家庭内野良猫の福ちゃん②
2014年05月22日 (木) | 編集 |
以前ブログしました我が家に来て半年。触れなかった家庭内野良猫の福ちゃん(左)です。

DSC_0685.jpg

仕事だ、保護猫だ、TNR・そして一応主婦なので家事などと朝5時から夜1時まで走っている私は、福ちゃんを慣らしている余裕がなく、我が家の猫軍団に面倒をお願い。

その中で、右側の四男の八幸之助がよく面倒を見てくれています。

我が家は、この八割れ、黒の中毛、トラ白、キジトラの種類が二匹ずつ。

何故か、種類が同じものが仲が良かったりします。

色がわかっているのか、種類の特性により相性がいいのかわかりませんが。

話は戻って、昨日、福ちゃんを触ることができました。

まだ、猫の隠れ場所としてコタツを出しているのですが、その中にいた福ちゃんが、私の手で遊びだしました。

甘噛みしたり、掴んできたり・・・。

その隙に触れました

つい、嬉しくなりブログしてしまいました。

生後3か月もなると、なかなか人間には慣れるのに時間がかかる猫ちゃんが多いです。

威嚇してどうしようもないという保護主様・里親様もいると思います。

威嚇しているから凶暴なのではなく、臆病なんです。

でも、愛情は猫だってわかります。

時間がかかるけど慣れます。

今、慣れないとお悩みの方、気長に待ってあげてくださいね。

昨日獣医さんに言われた言葉に「仏になってください」と・・・。

怒らずに期待せずに無の心でお願いいたします。



我が家の里親募集の保育園児達です。

DSC_0748.jpg

動いているのでうまく写真が撮れなくてすみません。

どうです?かわいいでしょう。

里親に関心のある方、メールフォームからお問い合わせください。

宜しくお願いいたします。







テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
里親募集の猫ちゃんたち
2014年05月20日 (火) | 編集 |
昨日、またしてもカラスに襲撃された仔猫ちゃんが我が家に来ました。

めちゃくちゃかわいいです。

DSC_0738.jpg

生後1か月の男の子です。

保護主様は、カラスに襲われていた母子三匹を保護してくれました。

このキジトラ君、黒君が兄弟にいて、その黒君は猫ボラのSさんのところに。

このSさんは、1月に神社周辺で保護された白黒君の里親様で、ペットショップで売れないとか。飼い主の事情で飼えない猫を保護してくださっているやさしい方です。

黒君、たくさんのお兄ちゃんの元で幸せに暮らしてください。

現在、キジトラ君、風邪をひいているので投薬していますが、体調が万全になり次第、里親様に託したいと思っています。

黒君に負けず、幸せになってもらいたいです。

次は、先日、ブログしたやはり近所でカラスに襲撃された乳飲み子です。
DSC_0740.jpg

風邪もだいぶ良くなってきました。

ミルクは注射器であげていますが、よく飲みます。

先週のの水曜日に保護された時180g、昨日は280gと順調に大きくなって、最近は、わたしがそばに行くと近寄ってきます。

まだ、ミルクが必要なので、長時間の留守番がない方、授乳経験のある方にはご相談のうえ、里親様に託したいと思います。

そして、
DSC_0714.jpg

生後半年の女の子、夢ちゃんです。避妊済みです。

近くの牧場の側であの大雪の時もまだ生後3~4か月の仔猫だったにも関わらず、一匹で頑張ってきた健気な子です。

我が家に来て1か月、ちょっとシャイな子なので、べたべたに触ることはできません。まだ、人を見ると逃げてます。

けして攻撃的な子ではありません。

猫じゃらしで遊ぶのが大好きです。

徐々にですが、人に慣れて、触れるようになってきています。

どうしても、他に手のかかる保護猫ちゃんがいるので、夢ちゃんまでに手が回らず、構ってあげることができません。

もっと遊んであげられたら、慣れるのが早いんでしょうが・・・。

それに、夢ちゃんと遊んでいると、猫軍団が邪魔しにくるので、夢ちゃんごめんね。

できたら、慣れるまで時間がかかることに理解をしていただけるやさしい里親様がいらしたら、託したいと思います。

まだ、近所でも保護しなければならない仔猫ちゃんがいます。

でも、我が家は満杯状態です。

一匹でも多くの猫ちゃんが我が家の能天気な猫軍団のようにまったり暮らしてもらいたいと思っています。

そのためにも、里親募集をどんどんしていきたいと思っています。

もし、上記の猫ちゃんたちにご関心がある方、遠慮なくメールフォームからご連絡ください。

宜しくお願いいたします。

えっ、みかんも口減らしのために里親に行くって・・・。

DSC_0739.jpg

それは、助かるけど、里親様が食費が大変だから無理だって。


















さくらねこ不妊手術事業実施~H26.5.17~
2014年05月19日 (月) | 編集 |
公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」により、今月は5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。 公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

ということで、先週に引き続き、5/16に捕獲、5/17に手術、昨日お戻しの1匹です

DSC_0727.jpg

男の子です。

病院に連れて行かないと、正確な性別は分かりません。

獣医さんに見せた時、「この顔で女の子はあり得ないでしょう」と。

その通りですよね。

仕事から帰っても、我が家の猫軍団、アウトドア猫軍団のお世話、今は、乳飲み子もいて、捕獲までお手伝い出来ないので、餌やりさんにお願いしています。

今回の誘き用のご飯は「粕漬けの魚」だそうです。

毎回、同じご飯だと、猫ちゃんたちも学習能力がありますが、段々と警戒して、ほかくきに入らなくなります。

でも「粕漬け・・・?!」、とにかく捕獲できたのでOKとします。

餌やりさんありがとうございます。

この地域の餌やりさん、平均年齢70歳超えてます。

それでも、捕獲器を使えば、捕獲できます。

年だからできないなんて言わずに、頑張ってください。

お外は危険がいっぱいです。

これ以上、そのような中で生きなければならない猫ちゃんたちを減らすためにも、ご協力お願いいたします。

先ほど、猫仲間さんからご連絡があり、また、カラスに襲われた仔猫ちゃんを引き取りに行ってきます。

里親募集しますので、後日、ブログいたします。

そして、この子猫ちゃんの母親は、ちゃんとTNRいたしますよ。




テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
またまた、きた・・・乳飲み子が
2014年05月15日 (木) | 編集 |
昨日、猫仲間のSさんの管理している猫の仔猫ちゃんがカラスに襲われたそうです。

Sさんのご両親がカラスを追い払い、仔猫ちゃんを無事保護することができました。

が、母猫のところに戻そうとしましたが、母猫ちゃんは拒否。

母猫ちゃんって、仔猫が人間の手に渡ったり、育たないと思うと、その子を見捨ててしまうことがあります。

だから、母猫がいるのに、仔猫ちゃんを触るのは禁止です。

Sさんからは昼休みにお電話をいただいたのですが、仕事があるので夜自宅まで届けてもらいました。

猫風邪で目ヤニとくしゃみと鼻水がひどく、病院に連れて行き、インターキャット入りの目薬&点鼻薬をいただきました。

ミルクを飲んでくれ、よく寝て、よく動くので、このまま無事成長してもらえればと思います。

生後10日くらいの男の子です。

DSC_0726.jpg


しっかり離乳できたら、里親応募します。

もし、今から関心がある方、ご連絡いただければと思います。

獣医さんがこの時期「仔猫がよく落ちているからね」と言っていましたが、今季(4月~)6匹目の保護猫ちゃん。

夏までは気を抜けないんでしょうかね。

まだ、猫保護初心者なのでわからないことがいっぱいですが、先輩猫ボラさん、H動物病院の先生、看護師様ご協力ありがとうございます。

皆様がいて、どうにか猫保護をしていけます。

ん~、今年はTNR重視の年にしようかと思っていたのに、やはり猫保護もですかね。

鎌ヶ谷市の猫好きさん、ご協力者募集いたします。

私の勝手ですが、仕事をもっている身で、なかなかフットワークが軽くできません。

そこで、地域猫のアドバイス・広報、TNRのお手伝い、猫保護、里親探し等、できることを一緒にしてくれる方、募集いたします。

詳細は、メールフォームからご連絡ください。

宜しくお願いいたします。







テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
悲しい出来事
2014年05月12日 (月) | 編集 |
先週1週間で、我が家の庭の猫ハウスで2匹亡くなっていました。

前日までご飯もよく食べて、元気だったのに…。

そして、数匹、いなくなりました。

私がこの地域の猫にかかわって二年。

その時は、成猫が約10匹くらいいたでしょうか。

仔猫は約40匹産まれたり、どこからか来たり、捨てられたりしていました。

里親に約20匹は託しました。

亡くなった仔猫もいます。

その年、約21匹の千葉県の「飼い主のいない不妊去勢手術事業」を実施させていただき、他にも約5匹不妊手術をしたおかげで、昨年も今年も仔猫は産まれていません。

それだけいたのに、昨年の今頃は約18匹、この間まで約15匹、そして、今は約10匹…。

昨年もこの時期に少なくなっていた気がします。

その時は、どこかに行ったのかと思っていました…。

今回、約5匹いなくなっているのは?と考えた時、前の空き地の草が枯れていました。

腰の高さまである雑草が枯れています。

・・・除草剤か・・・

犬の散歩いている時、犬の散歩仲間さんでは、この時期、除草剤をどこで撒いたかの情報交換が行われます。

除草剤のついた草を舐めただけで、血便、ひどいときは血を吐きます。

まして、野良猫ちゃんは、除草剤のついた足の裏を洗うわけではなく、グルーミングをして、体についた除草剤を舐めます。

勝手な推測ですが、今回、亡くなった猫、いなくなった猫、除草剤によるものかもしれません。

その空き地にいかない猫達は、なんでもないです。

もし、除草剤だったら、防ぎようがないです。

ただ、ただ、悲しくて、涙が止まりません。

私は、我が家の庭が狭いこともありますが、除草剤は使いません。

虫にも猫にも人間にもいいものではないですから。

昔は、除草剤も使わず草むしりしていたんだすよね。

人間だけの利便性だけを考え、動物たちは被害に逢っているんですよね。

悲しいです。悔しいです。

どうにもできない自分が情けないです。



★今回、亡くなった猫ちゃんたちへ

 今まで一杯癒してくれて、ありがとうね。お外の生活大変だったのに、よく頑張ったね。仲間たちといっしょに、今度はゆっくりまったりしてね。本当にいままでありがとう。



★お家で飼っていてお外に出している飼い主様へ

 猫ちゃんが可愛かったら、お外に出さないでください。

 今回の除草剤だけではなく、事故、病気の感染もあります。
 
 我が家の猫軍団はお外には出していません。

 だからと言って、ストレスが溜まっているようには思いません。

 どうぞ、猫ちゃんを守ってあげてください。
 
 守ってあげられるのは、飼い主様だけです。



私は、今回みたいな思いはもうしたくないので、これ以上、この地域の猫ちゃんは増やしません。

餌やりさんも、このような被害に逢う猫ちゃんをなくすためにも、不妊去勢手術をお願いいたします。

 














テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
さくらねこ不妊手術事業実施~H26.5.10~
2014年05月11日 (日) | 編集 |
公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」により、今月は5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。 公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

ということで、先週に引き続き、5/9に捕獲、5/10に手術、本日お戻しの2匹です

IMG_20140511_133212.jpg

男の子です。本日、病院に迎えに行った時、まだ怒ってました。(写真が横になって見にくく、申し訳ございません)
この子は、ご飯の時、一人「早くご飯~」と鳴いているので、感情を声に出す子なんでしょうね。



二匹目は、
DSC_0725.jpg
女の子です。お腹の中に赤ちゃんがいました。

申し訳ないのですが、ごめんなさいです。

捕獲した時、女の子なのに妊娠しないの?とちょっと不思議だったのですが、やっぱり妊娠していました。

ん~、辛いです。

おそらく、獣医さん、看護師さん、ボランティアの人、辛い思いをしている方が多いと思います。

平気そうに見えていて、心は痛んでいると思います。(私は当分ブルーです)

餌やりさ~ん、お腹が大きくなって来たから、ボランティアさんに相談するのではなく、その前に相談してください。

この季節、猫ちゃんの運命が明暗です。

無事産まれて人間の元で健やかに天寿を全うできる猫、産まれてきても育たない猫、産まれてくることさえできない猫・・・。

後者の2つは前者に比べると不幸だと思います。

だから、後者の2つになる可能性のある猫ちゃんを増やさないよう、不妊手術をしてくださいね。

仔猫が産まれて、また、不妊手術をすることは金銭面も大変です。

また、仔猫がそこにずーっといるとも限りません。

他のところに行って、そこが不妊手術を管理されていない場所だったら、また、その場所で不幸な猫ちゃんを増殖させます。

何度もしつこいようですが、地域猫として管理されながら、地域の方にやさしく見守られる猫生を送れるかどうかは、餌やりさんにかかっています。

人間でしたら、どうしたら猫が幸せになるか考えて対応しましょうね。

ご連絡いただければ、微力でありますが、一緒に考えさせていただきます。

よろしく願いいたします。














テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
仔猫・・・②
2014年05月08日 (木) | 編集 |
今朝、主人が犬の散歩に行こうとしたら、「小さな猫がいるぞ!!」。

見たら、昨日保護した仔猫の兄弟のようです。

小さくても威嚇しています。

また、逃げられても困るので、主人と挟み撃ちで、ネットで保護しました。

兄弟で保護できてよかったです。

因みに、君たちはどこから来たの?

この地域はみんな不妊手術しているから産まれてないよね。

それに、保護するのに抵抗なく捕まって。

まだ生後1か月でしょうから、人慣れも早いですし、お外の過酷な生活からまったりした生活を送れてるようになってよかったね。

幸せになろうね。


テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
子猫・・・
2014年05月07日 (水) | 編集 |
今朝から、旦那が犬の散歩に行って、「〇〇の下で仔猫の鳴き声がした」、「×さんが仔猫を見つけて、ゆずがんさんのところに持っていこうかと思っていたみたい」などと、胃の痛くなる情報をくれた。

獣医さんにも、「このシーズン、子猫がよく落ちてるから・・・」と。

仔猫シーズン到来

そして、先ほど、子猫を保護しました。

昼休み一旦家に帰るんですが、会社に戻ろうとした時、子猫の鳴き声が…。

裏の家の玄関前で一匹で鳴いていました。

我が家の庭から仔猫ちゃんのうしろに周り、網で捕獲。

威嚇もしない、どんくさい、かわいい子です。

DSC_0719.jpg


捨てられたのかな?

先日も、中学生の女の子が、公園に段ボールにはいって捨てられていたと乳飲み子を持ってきました。

お願いですから、捨てないでください。

周りの人は迷惑です。

捨て猫は100万以下の罰金ですよ。

飼い猫が産んだ仔猫は飼えないなら里親を探してください。

そして、母猫は避妊手術をしてください。

人間だったら、他人に迷惑をかけない方法を考えてくださいね。

宜しくお願いいたします。



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
さくらねこ不妊手術事業実施~H26.5.3~
2014年05月05日 (月) | 編集 |
公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」により、今月は5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。 公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

ということで、最初の1匹を5/2に捕獲(T)・5/3に去勢手術(N)・5/4に戻し(R)をしました。
DSC_0709.jpg
(いい訳ですが、スケジュールが多忙で、撮った写真の確認を怠ってしまい、ボケているのがわかりませんでした。どうぶつ基金様はじめ、読者の皆様、申し訳ございません)

写真がボケているのでわからないので、この子の特徴を説明します。

白黒のはちわれの男の子です。
性格は、めちゃくちゃ凶暴。捕獲器を壊しました。
2日の朝に捕獲、餌や離散のところに夕方に取りに行ったのですが、ずーっと怒っていたみたいです。

今回、めでたく手術が終わりました。

この子が捕獲された地域は、昨年度、千葉県の「飼い主のいない猫の不妊去勢手術事業」の実施地域です。

昨年度、約20匹近くは手術しましたが、環境がいいためか、新参者が来ているそうです。

この子もその一匹です。

ある地域がTNRを行っても、このように他から他の猫ちゃんが来たら、また、猫の管理者たちはTNRをしなければなりません。

だから、餌やりさん、みんなでTNRしましょうね。

ご飯あげているだけは、迷惑です。

何度もいますが、猫の発情期のストレスは男の子でも女の子でも大変なものです。

また、女の子がお外で子育てするのはとても大変なことです。

猫ちゃん、かわいそうでしょう。大変でしょう。

そう思ったら、餌やりさん、猫ちゃんのために去勢不妊手術してくださいね。

ご相談受け付けます。

申し訳ないのですが、仕事をしているため、お電話で対応している時間がありません。

できましたら、メールフォームからご相談ください。

よろしくお願いいたします。



最近の動き
  
・餌をあげている猫ちゃんを手術したいとご相談が2件ありました。ご相談くださった方、ご協力ありがとうございました。
 1件は無事避妊手術をし、現在我が家で家修行をしています。ワクチン接種・虫駆除済です。もう少ししたら、里親応募いたします。もし、ご関心がある方、メールフォームからご連絡ください。
 もう1件は、3匹中1匹が手術終了しました。今週あと1匹予定してます。残り一匹も順次行う予定です。


・公園に捨ててあった仔猫を中学生が保護したと連絡があったため、里親探し、お届けをしました。保護してくれた中学生、ありがとうございました。そして、まだ、乳飲み子で大変なのに応募して下った里親様ありがとうございました。
命の大切さとても理解してくださっている里親様、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。
 





テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット