まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
みんな幸せにな~れ♪
2014年07月30日 (水) | 編集 |
この間に日曜日にニューフェイスが二匹来ました。

依頼主様から仔猫が産まれたとのことで、我が家から車で1時間のところに引き取りに行ってきました。

DSC_0971.jpg

母猫ちゃんもいるし、元気というので、安心して引き取りに行きました。

あばら骨が触れるけど、元気だし、ご飯食べているというので安心していたら・・・。

家に帰って、まずは体重測定。

400g?!

生後2か月なのに?

よくよく依頼主様のお話しを聞くと、母猫は母乳出ていませんでした。

兄弟猫、栄養不良で二匹、虹の橋を渡りました。

そして、カリカリを食べていると言っていましたが・・・、この体重ですから食べてないでしょうね。

とにかく大きくしないとと思い、ロイヤルカナンの高カロリーの退院サポートを上げましたが、食べません。

では、依頼主様が食べていたと言っていたカリカリを上げたが食べません。

ミルクは飲みません。

病院に連れて行きましたが、栄養不良以外は問題ありません。

この兄弟、何日も飲まず食わずだったので、それが当たり前になり、食べることも飲むこともしなくてもいいと頭にインプットされたみたいです。

とりあえず、強制給餌!!

嫌がりますが、嘔吐・下痢がなければ、強制給餌です。

お蔭さまで、今朝から、ご飯を催促するまでになりました。

やっと、ご飯を食べることが必要とインプットされたみたいです。

400gの体重が440gに増えました。

実は、依頼主様からの情報を元に、里親様を探していました。

素敵な里親様がみつかり、二匹とも3匹目として迎えていただけます。

ただ、最初の情報と違うため、里親様に連絡を取りました。

それでもいいと・・・。

更に、両方の里親様は、子猫ちゃを迎えるにあたって、お仕事を長期休むそうです。

ありがとうございます。心から感謝いたします。

もしかしたら、あと1週間保護するのが遅かったら、兄弟猫同様に虹の橋を渡って行ったと思います。

それが、素敵な里親様に逢えた兄弟猫達は幸せです。

兄弟の分まで幸せになってください。

また、兄弟猫のことを私に託してくださった依頼主様ありがとうございます。

お蔭で、この兄弟猫たちの命がつながりました。


DSC_0969.jpg

こちらの仔猫ちゃんたちも里親様が決まりました。

左側は近所の方に、右側は先日里親になっていただいた方が二匹目にということで。

みんな幸せになってくださいね。

それが、私の活動の源ですからね。



DSC_0939.jpg
えっ、僕は?

僕(上野写真の右側の兄弟、生後2か月)は月齢の割には小さくて、あと、角膜手術しなければならないかもしれないから、もう少し我が家で頑張ろうね。

時期が来たら、素敵な里親様探そうね。

みんな、幸せにな~れ♪











スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
一緒に猫活動してくれる人募集します♪
2014年07月25日 (金) | 編集 |
6月に入ってから、子猫の保護多いです。

おかげさまで里親様は決まります。

でも、お届けが間に合わなくなっています。

そこで、今、保護は一旦中止とさせていただきます。

本当は一匹でも多くの猫ちゃんをお家にいれてあげたいのですが、ついに回らなくなってしまいました。

お届けが間に合わず、もっと多くの猫ちゃんにまったり生活をプレゼントしてあげたいげと・・、残念です。

また、近隣のTNRですが、みなさん車がないため、病院への搬送のお手伝いがあります。

母猫からの免疫がきれた保護猫ちゃんは風邪をひきやすく通院があります。

平日の日中は、仕事をしているため、活動は夜もしくは休日です。

こんな私といっしょに猫ちゃんのために活動してくれる方、募集いたします。

お礼になにもできませんが、猫ちゃんの癒しを存分に味わうことができます。

一匹でも多くの猫ちゃんにまったりおっとりとした生活をプレゼントしませんか?

関心のある方は、メールフォームからご連絡ください。

宜しくお願いいたします。




テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
インターフェロン
2014年07月24日 (木) | 編集 |
保護猫の良君が、結膜炎が酷くなり、目がいた痒いのか引っ掻きまくって顔や手が血だらけに。

仕事が終わって、猫軍団&地域猫のご飯とお世話をしてから午後7時半病院へ。

「角膜破れなくて良かったね」とのこと。

破れたら失明ですからね。

「今日、来てもらって正解!!」危機一髪でした。

ステロイドと抗生剤が配合されている眼用の軟膏を付けてもらいました。

それと、免疫力を上げるインターフェロン注射を。

夜10時半、旦那が帰ってきて、良君を見るや否や、「目が開いてるよ」

確かに、病院から帰ってきてしばらくすると、調子が良くなってきたのか走り回っていました。

本日は、瞬膜はまだ晴れているものの、普通に目が開いています。

先日は、ご飯とトイレ以外動かなかった元気君が、インターフェロンを打ってもらった翌日、二週間ぶりに走り回りました。

超未熟児(5/31生まれ、体重420g)の保護猫の和君も、食欲不振でインターフェロンを打った翌日から食べ始めました。

今回も、院の先生の適切な対応により、危機一髪から回避されて良かったです。

そんないい病院だから、かかりつけの病院はいつも混んでいて、先生は休む暇もないのによく勉強してくださっていて、いろいろと教えてくれて、感謝しています。

インターフェロンについて、ネットで調べると賛否両論ですが、我が家にとってはありがたいお薬です。

元気くんも、パルボ&カリシウィルスから生還したくらいですから。

さてと、先週末病院に行った時、八木が谷でパルボで全滅したお話しを伺いました。

お外に出している飼い猫ちゃん、お外にはパルボ以外にもカリシウィルスなど感染症の元がうようよしています。

飼い主様、飼い猫ちゃんがかわいいなら、お外に出すのをやめた方がいいかもしれませんよ。

家の中だけでも慣れてくればストレスにはならないみたいです。

ご検討ください。

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
さくらねこ不妊手術事業実施~H26.7.19~
2014年07月22日 (火) | 編集 |
公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」により、今月は5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。 公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます

今回の猫ちゃんは、

DSC_0936.jpg

男の子のゆきちゃんです。

甘えん坊のやさしい猫ちゃんです。

男の子なので、右耳がV字カットのさくらみみになりました。

女の子は左側です。

8月は暑いので、TNRは中止します。

来週は2匹手術の予定です。

無事、捕まること祈りたいと思います。

話は変わりますが、猫を保護して里親探しをしているボランティア様、一年の内でこのシーズンご多忙ではないかと思います。

私も、この三連休に二件お届け。他にもTNR、保護猫の通院・・・、さすがにいささかお疲れです。

本日も、黒の仔猫ちゃんの里親様決定しました。

里親様とのやりとり・お見合い・お届けと大変ですよね。

どうぞ、猫保護・里親探しをしているボランティア様、猫ちゃんたちのためにもお身体には気を付けてくださいね。



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
私の里親探し
2014年07月16日 (水) | 編集 |
昨日、コメントをもらいました。

「鎌ヶ谷でも猫詐欺さんがいるのでご注意を」と。

いるでしょうね。

猫虐待情報も耳に入ってます。

実際、猫詐欺にあった話も聞いてます。

困りましたね。

私の場合は、里親探しは今のところネット掲載のみです。

ここで決まってしまうので、まだ、里親会や知人にお願いすることはしたことありません。

それなので、里親様は鎌ヶ谷市とは限らず、関東南部近郊にいます。

一番遠いお届けは、埼玉県狭山市、もしくは茨城県神栖市ですかね。

今まで、たくさんの猫の里親様を探してきましたが、鎌ヶ谷市は二件。

一件は、ペットショップ等で売れない猫を保護してくださっている素晴らしい方で、かかりつけ医が一緒で、最近よく病院でお会いすることが。(お互い早く病院から縁遠くなりたいですね)

もう一件は代理投稿で里親様を探したところです。今でも、保護主様とは連絡を取り合ったり、写真を持って行ってくれたりしてくださっています。

さてと、私の場合は、里親探しは、決められたアンケートはありません。

その人、その人で対応を変えさせていただいております。

猫も同じですが、人間も人によって性格は違いますからね。

その中で、やり取りをさせていただきながら、里親様を決めさせていただいております。

実際、猫詐欺と思える人から応募がありました。

すぐお断りさせていただきましたが。

出来る限りこのやりとりで何かあった時にすぐに連絡をくださるような信頼関係を築ければと思っています。

里親様には生涯アフターフォローはいたしますと約束させていただいております。

本当にありがたいことに、ネットに掲載後、意外と早く里親希望者がきます。

そして、私の場合、先住猫や先住犬がいるところからの応募が多いです。

お届けした時、その先住猫や先住犬たちのしあわせそうなお顔をみると、安心できます。

最近、タイトルに付け加えた

   ~Hert&Smile~

が私のモットーです。 

地域猫活動にしろ、真心で相手の立場に寄り添い、笑顔で対応していると、いい結果がうまれてくると思っています。

実際、そうですから。

本日も、近所の方からの依頼があった仔猫ちゃんの里親様が決まりそうです。

一匹でも多くの猫ちゃんたちがお家に入り、千葉県の地域猫の啓発チラシに書かれている

    「飼い主のいない猫をなくす」

ようになることを祈りながら、里親探し頑張ります。



DSC_0924.jpg

我が家の保護猫 園児組です。かわいいでしょう♪



お知らせです。

  今度の金曜日の18日、動物愛護センターの東葛飾支所で里親会があります。

  是非、猫を飼おうか検討している方、里親会に行ってみてください。

  かわいい仔猫ちゃん、いっぱいですよ。

  詳細は、右覧にあるちーば君のバナーをクリックしてくださいね。


テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
無事に大きくな~れ!!
2014年07月15日 (火) | 編集 |
日曜日にニューフェイスが来ました。

DSC_0919 - コピー

大きい方が「平(たいら)」、小さい方が「和(かず)」、二人合わせて「平和」です。

野良猫ちゃんが産んだ6匹のうち、結膜炎がひどい二匹をいただいてきました。

残りの4匹きは保護主様宅に。

保護主様の適切な判断で、結膜炎はひどくはなりませんでした。

ただ、小さい方の和君ですが、本当に小さいです。

写真でも一目瞭然かもしれませんが、大きい方の平君は580g、一方和君は350g。

そして、平くんは片目が結膜炎でしたが、和君は両目が結膜炎。

そして、鼻づまり・鼻水でぐちゅぐちゅ、自力でご飯は食べません。

現在、強制給餌をしていますが、なかなか体重が増えません。

唯一の救いは、下痢・嘔吐のないこと。

免疫向上のインターフェロンに抗生物質で、段々と体調がよくなってきたのか、元気は出てきました。

お昼休みに帰った時には、お出迎えしてくれました。

どうにか無事に育ってほしいです。

DSC_0918 - コピー
この和君の写真を見た時、どこかで似たような写真が・・・。

2012081818350000.jpg
これです。

四番目のちぃちゃんを保護したときの写真です。

生後2か月、体重380g。

それが、今や、
chii - コピー

4kgの真ん丸のかわいい女の子になりました。

和君、ちぃちゃんを見習って、無事に大きくなってくださいね。

そして、幸せになってください。

頑張ろうね。


お知らせです。

  今度の金曜日の18日、動物愛護センターの東葛飾支所で里親会があります。

  是非、猫を飼おうか検討している方、里親会に行ってみてください。

  かわいい仔猫ちゃん、いっぱいですよ。

  詳細は、右覧にあるちーば君のバナーをクリックしてくださいね。




テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
千葉県の「飼い主のいない猫の不妊去勢手術」の申請が始まりました
2014年07月11日 (金) | 編集 |
今年も、千葉県の「飼い主のいない猫の不妊去勢手術」の申請が始まりました。

今年度からは、動物愛護センターの本所(冨里)でも、手術をしてくださるそうです。

申請頭数にもよるでしょうが、5団体くらいを目安にしているみたいです。

一昨年は私の管理している地域、昨年度は近隣の団体さんのお手伝いをさせていただきました。

それぞれ21匹と25匹と手術をさせていただき、本当に助かりました。

お蔭で、私の管理してる地域は二年連続仔猫は産まれていません。

当時、約28匹いた猫たちも今は1ケタまで減りました。

千葉県さん、習志野保健所さん、愛護センターさんには感謝です。

是非、この機会に関心のある方は、

http://www.pref.chiba.lg.jp/eishi/press/2014/h26-nekofuninkyosei.html

をクリックしてください。

また、この事業についてのご相談やお問い合わせも受け付けます。

メールフォームからご連絡くださいね。



里親様決まりました

   昨晩、今我が家にいる仔猫ちゃん二匹と依頼のあった成猫ちゃんの里親様が一気に三匹で決まりました(^o^)V

里親様、ありがとうございます。お蔭で、次の悪巧みができます。

TV見ている暇もご飯も座って食べている暇もないけど、一匹でも多くの猫ちゃんが幸せになるように頑張ります。


DSC_0894.jpg

    




テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
里親探しに愛護センターもよろしく
2014年07月04日 (金) | 編集 |
昨日、愛護センターに仔猫ちゃんを引き取りに行ってきました。

この子です。

DSC_0879.jpg

男の子で、交通事故に遭ったのか、保護した当時は身体が傾いていて、目がぐちゃぐちゃだったそうです。

愛護センターの職員様の手厚いお世話のおかげで、ここまできれいなお顔に。

ただ、身体の傾きもずいぶんよくなったものの、まだ後遺症があるとのことで、一般譲渡ができないとのことで、いただいてきました。

が、今朝、ゲージから出しましたが、身体の傾きがわからない。

治ったのかな?

この間はパルボ&強毒カリシから復活したし、長女も保護した当時、強毒カリシで治療もせずに復活、五男のモモも保護した当時、交通事故で骨折&腱切断からこちらも何の治療もせずに復活(^o^)

不思議なありがたいお話で。

話は戻り仔猫ちゃん、たまに怒りますが、触るとゴロゴロと。

ご飯もよく食べ、いい子です。

まだまだ痩せているので、いっぱい食べてもう少し太って、もっとかわいくなろうね。

「あなたは幸せになるためにここに来ました。幸せになってください」

私が、我が家にきた保護猫ちゃんにいう呪文です。

おかげで、みんないい里親様に巡り合えています。

さて、愛護センターですが、かわいい仔猫がいっぱい。

そこで、猫ちゃんを飼いたいとご検討中の方、是非、愛護センターの仔猫ちゃんたちも選択にいれてください。

この子猫ちゃんたち、いつまでも愛護センターにいられません。

もし、里親様が決まらないと・・・、ご想像の通りです。

下記のアドレスをクリックしてもらうと、今、愛護センターで譲渡できる仔猫ちゃんたちが見れます。

ここに掲載していない仔猫ちゃんもたくさんいます。

7月18日(金)には、動物愛護センター 東葛飾支所で午後から譲渡会があります。

詳細は、下記のアドレスをクリックしてください。

http://www.pref.chiba.lg.jp/aigo/pet/inu-neko/toukatusishojoutojouhou.html

ぜひ、よろしくお願いいたします。

それと、愛護センターの職員さんとお話ししていて、子猫ちやっんは猫風邪で目がぐちゃぐちゃになる子が多いです。

昨日も、愛護センターにも「これはひどい・・・」と思える子が数匹いました。

ボランティアさんが引き取ってくださるそうです。

職員さんは、きれいでかわいい仔猫ちゃんを紹介しようとしたら、その病気の子猫ちゃんを引き取りたいとボランティアさんが言ってくれたそうです。

ボランティア様、ありがとうございます。

心温まるお話に、私もその一人になれるよう頑張りたいと思います。










テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
矛盾
2014年07月01日 (火) | 編集 |
私の猫活動は、TNRおよびそのお手伝い、猫の保護・里親探しです。

猫にまったりおっとりとした生活を送ってもらいたく、猫の保護・里親探しをしています。

一方で、TNRを行う中で、妊娠中の猫ちゃんの場合、お腹の中の猫ちゃんを怠惰しています。

人間の立場から、増えても困るからという主な理由です。

以前ブログにも書きましたが、今年は仔猫ちゃんが産まれたからと保護の要請あっても一向に仔猫ちゃんは来ませんでした。

今度の週末、里親様のところにいくキジトラ君の兄弟、保護する一週間前には元気に兄弟猫がいたのに、いなくなってしまいました。

そのくらい、お外の生活は過酷で、生きる確率の方が低いです。

でも、怠惰した中には育った仔猫ちゃんもいたかと考えると、辛いです。

口では、産まれてきても育たないからと怠惰はしょうがないと言っても、心の奥底では納得していません。

ただ、今、猫を取り巻く現状社会では、増やさないことが、今生きている飼い主のいない猫ちゃんが、近隣の方から守られる一手段であるとも思います。

仔猫が産まれて増えれば、猫嫌いさんからすれば、TNRは無駄なことと思われます。

現状そう言われたこともあります。

減っていけば、猫嫌いさんのお怒りも少なくなります。

ん~、本音を言えば、猫保護や里親探しの方が好きかな。

病気やけがから助かったり、里親様のところにいって幸せになってくれるお手伝いの方が、心が満たされます。

私も幸せ気分が味わえます。

TNRにかかわった猫ちゃんの中には、お外の生活に疲れたオーラを出してくる猫ちゃん、助けのオーラを出してくる猫ちゃんもいます。

戻すとき辛いんですよね。

全部の保護はできませんから。

それもまた辛く、保護する猫ちゃんを選択はしたくないです。

全部できるわけないことはわかっているけど、全ての猫ちゃんが幸せになってほしいです。

人間の都合で引っ掻き回すのは嫌です。

だいたい地球は人間だけのものではないのに、人間中心に考えているから、人間以外は排除する方向に考えてしまっているような気がします。

生き物は公害でも環境問題の原因でもないと思います。

昔みたく、共存していた世界はどこに行ったんでしようね。

共存していたころの方が、人間同士も思いやりのあるやさしい時代ではなかったのではないでしょうかね。









テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット