まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
命②~乳飲み子~
2015年04月28日 (火) | 編集 |
堕胎予定のお外にいた母猫を出産させることにより、4/3に6匹の仔猫を出産しました。

母猫は顔を見ると、1歳くらいと思えます。

人間と違い誰にも教えてもらわずに、誰にも頼ることなく一匹で無事出産しました。

子育ても放棄せずに一生懸命仔猫のそばにいて頑張っていました。

が、ある日、母猫の餌皿で一匹の仔猫がぐったりしていました。

急いで、病院へ連れて行くと肺炎と診断。

病院では手厚い対処をしていただいたにもかかわらず、お星さまに。

そして、その1週間後、子猫ちゃんの耳の後ろに噛み跡があり、そこから細菌が入り、顔の1/4は腫れあがり、皮膚は壊疽が始まり、やはり肺炎で亡くなりました。

子猫なので、あっという間に細菌が体に回り、お星さまです。

どうも、母猫が噛んだようです。

母猫もそれはいけないこととわからずにやってしまったこと。

どうしようもありません。

そして、母猫は、子猫が弱っていて駄目だと思ったら、見捨ててます。

弱っていて低体温になっているので、母猫のそばに持っていきますが、無視です。

他の仔猫ちゃんを舐めていても、弱っている猫ちゃんは見捨てます。

食べてしまうという話も聞きました。

厳しいようですが、他の仔猫ちゃんを助けるための行動だと思います。

正直、母猫がいて、母乳がもらえていれば、子猫は無事育つと思っていました。

今回のことはショックでした。

それからは、毎日、子猫の体重だけではなく、全身チェックです。

今も、残りの4匹の内、1匹が噛み傷により、耳が腫れて、耳穴がふさがっている仔猫がいます。

小さいですが、体重も順調に増えているので、少しは安心です。

昨日のブログと同様、家の中にいても無事成長するのは難しい・・・。

これが、猫世界の現状です。

野生だから強いと思えるかもしれませんが、こういう現状を知らず、生き残った猫だけを見ているからそう感じるだけです。

誰の手も借りないでの出産・育児・・・、人間以上に大変だと思います。

産まれた仔猫ちゃんたち、捨てないでください。

成猫ちゃんも捨てないでくださいね。

捨てる前に里親様さがしてください。

ご相談にのります。

それに、捨てた場所に住んでいる人たちのことを考えてください。

その人たちは迷惑です。

猫ちゃんたちも人間と同じです。

感情も痛みもわかります。

もし、自分がその仔猫ちゃんだったらと想像してください。

猫達は一生懸命生きてます。

ゴミや公害ではありません。

私の小さいときは、日本は世界で一番安全大国・思いやりのある国と称されていました。

その時は、野良猫にもやさしく、こんなに外の猫たちを問題視していませんでした。

共存していたと思います。

そんな時代がまたくることを祈りたいと思います。


やはり不幸な命を増やさないためにも、避妊去勢手術は必要です。

だから、妊娠する前に避妊手術はしてほしいと思います。

せっかくいただいたお腹の中にある命のこと、それを堕胎する獣医さん・関係スタッフさんの気持ちを考えてください。

堕胎は殺すということです。

ただでさえ生き残るのが大変なんだから、応援してくれる、温かい目でみてくれるひとが増えたらなと思います。

最後に餌やりさんへ

お外で産まれた仔猫ちゃんがかわいいから、傍に置いておきたいというのはわかりますが、可愛いからこそ、過酷なお外の生活からお家の中に入れてあげてください。

まだおっぱい飲んでるからといつまでも置いておいたら、今度里親探しも避妊去勢手術するのも大変です。

早いうちに里親を探してあげてください。

それもご相談にのります。

宜しくお願い申し上げます。

DSC_2232.jpg
堕胎されるはずだった仔猫ちゃんたち
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
命①~天寿くん~
2015年04月27日 (月) | 編集 |
実は、今回のブログを書くかどうか悩みました。

が、現実を知ってほしく書きます。

我が家は、また、パルボが発症しました。

先日、保護された仔猫ちゃん兄弟です。

この兄弟猫ちゃん、へその緒がついたまま紙袋にいれて捨てられていたそうです。

一匹はすでにお星さま。

保護されたかたがいいご家族で、我が家に来るまでの3週間の間、この乳飲み子ちゃん兄弟のお世話をしてくれました。

我が家にきたときは、下痢と体重が食べているのに増えない・・・。

ずーっと懸念し、インターフェロン接種もしていましたが、数日後にパルボを発症しました。

我が家にきたときにはすでに感染していたみたいです。

2匹は脳炎&肺炎でお星さまに。

パルボは野良猫だけの話ではありません。

今回見たく、ずーっとお家の中にいたのに感染です。

飼い主様の靴の裏に、ウィルスがついてやってきて、猫ちゃんが感染することもあります。

また、生命力&感染力の強いウィルスです。

ワクチン接種をしていれば大事に至りませんが、今回の仔猫ちゃんたち、生後1か月になったばかりで未接種でした。

母親の初乳を生後4時間以内に飲めてると、かなりの免疫力ができ、生後2か月くらいまでは感染症にかかりにくいそうです。(個体差はあります)

こんなに早くパルボに感染したことから、おそらくこの兄弟猫ちゃんは産まれてすぐに捨てられたんでしょう。

現在、残りの一匹の天寿くんが奇蹟的にもパルボからは回復しました。

が、パルボという大病と戦った身体、いくらインターフェロンと抗生剤を連日接種していても、免疫力も体力も普通の仔猫ちゃんに比べ少なく、おそらく今度はカリシウィルスと戦っています。

ちょうど昨年のこの時期も、愛護センターから引き取ってきた元気君。

我が家に来て数日でパルボを発症し、そのあと、強毒カリシを併発しました。

が、現在、名前のごとく、元気にしています。

がんばってほしい。

せっかく、パルボから回復できたのだから…。

超虚弱児の生君も、努力性呼吸はあるものの、元気いっぱい食べる・走る・飛ぶと猫生楽しんでいます。

今回、子猫ちゃんたちのお世話係をしていた生君、ワクチン未接種ですが、感染しませんでした。

天寿くんも生君のように乗り切ってほしいです。

いつもの神様お願いが通じますように。

ブログを読んでくださっている方、是非、天寿くんのことお祈りお願いいたします。

家の中で保護していても、助けてあげられないのが現実です。

お外で産まれた仔猫ちゃんたち、無事育つ方が少ないです。

過酷な生活の中、がんばって無事に大きくなれた猫ちゃんたちを優しい目で見守ってもらえる社会になれたらいいですね。


・・・天寿くん、最初は三兄弟を「陸」「海」「空」と名前を付けました。

が、生君は「生き抜くようにと」と名前を付け、本当に生き抜いています。

先にも書きましたが、昨年の初代パルボ君は、「元気」と名前を付け、パルボと強毒カリシを克服し、元気にしています。

そこで、「陸」から「天寿」に名前を変更しました。

寿命一杯長生きできるようにと・・・。

DSC_2145.jpg

天寿くん、全力であなたのことを守ります。

絶対に生君のように走り回ろうね。

約束だよ。

猫軍団諸君、また、通院や天寿くんのお世話で、かまってあげられなくて申し訳ないんだけど、よろしくね。







テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
速報です!!無事だやんちゃん帰宅v(^-^) ヤッタ♪
2015年04月22日 (水) | 編集 |
だやんちゃんの保護主様よりメールをいただきました。

だやんちゃん、無事保護されたそうです。

t02200345_0609095413231426948.jpg


良かったです。

だやんちゃん、ずいぶん長い旅行だったから、疲れたでしょう。

今日は、ご飯をいっぱい食べてゆっくり休んでくださいね。

保護主様もお疲れ様です。

保護主様、だやんちゃんが脱走した狭山市まで何往復もして、だやんちゃんを探しに行ってくれました。

頭が下がります。

そして、感謝です。ありがとうございます。

だやんちゃんも、そんな保護主様の愛情を感じたんでしょうね。

そんな素晴らしい方に出会えた私は恵まれていると思います。






テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
お知らせです
2015年04月09日 (木) | 編集 |
本日は、お知らせ&お願いです。

まず、最初は、ブログの右上にありますが、先日、埼玉県狭山市に里親にいったダヤンちゃんが、お外に散歩に行ったまま(脱走)、迷子になったのか帰ってきません。

t02200345_0609095413231426948.jpg


里親様、保護主様、関係者一同心配しております。

もし、見かけた方は情報をメールフォームからください。

宜しくお願いいたします。

だやんちゃん、早く帰ってきてね。

そして、次は、里親会のお知らせです。

私の猫ボラの師匠グループが日本橋で里親会を開いています。

次回は4月12日

詳細は、

http://ameblo.jp/ononeko
http://yume-neko.net/

をご覧ください。

なんでもご相談できる、やはり猫と人の両方のことを考えている素晴らしいメンバーさん達です。

今、猫ちゃんを飼おうとご検討の方は、是非、ホームページ・里親会をご覧ください。

以上です。

皆様、宜しくお願い申し上げます。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
仔猫まつり開催しました
2015年04月06日 (月) | 編集 |
前回ブログで書いた保護猫ちゃん、金曜日に6匹仔猫ちゃんを産みました。

木曜日の晩から陣痛があり、金曜日、私が仕事に行っている間の出産でした。

出産、後産、子猫ちゃんたちの処理など、全部母猫ちゃん一人で行いました。

出産のあとも全然汚れていなく、パーフェクトです。

100点満点です

仔猫ちゃんたちは、すぐにおっぱいを探し、母乳を一生懸命飲んでいました。

DSC_2136.jpg


最初は堕胎予定でした。

が、やっぱり産んでもらって良かったです。

だって、子猫も一生懸命生きてます。

こんな小さな100gの仔猫ちゃんたちだって、痛みや感情がありますからね。

母猫ちゃん、フォローはちゃんとするから、がんばって子育てしてね。

そして、幸せになろうね。

さてと、土曜日にもまだ離乳していない生後1か月の仔猫が3匹来ました。

猫社会にもルールがあります。

人間の大家族のように、下の猫ちゃんが新しく来た仔猫ちゃんの面倒を見ます。

今回は、宇宙猫の和君が面倒を見ています。
DSC_2176.jpg


身体を舐めてあげたり、時にはお尻を舐めて、オシッコをさせてあげます。

暖をとるために、一緒に寝ます。

何にも考えてないように思えますが、人間以上に思いやりがあるのでは・・・。

この1週間で10匹増えてしまいました。

大変だけと、一匹でも多くの猫ちゃんに幸せになってもらいたい。

みんなみんな人間と同じく生きてます。

最後に、依頼がありました三毛の成猫ちゃん姉妹も素敵な真摯なご夫婦様から里親の申し込みがありました。

こちらも、無事、正式譲渡となることを祈ります。

今年も仔猫祭りが開催されました。

私としては、お家に入りたい猫ちゃん、猫を飼いたい人間の仲介役として、また、がんばらさせていただきます。

p(*`・ω・´*)q★☆ヵ゙ン’`゙ルョ☆★

みんなみんな幸せになってください。

それが、私の願いです。






テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット