まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
暑い!!   (ヾ; ̄▽ ̄)ヾ
2016年07月28日 (木) | 編集 |
昼休みに帰宅した時のの一コマです。

DSC_3335.jpg
和「夢飛(ゆうと)、暑くないか?」


DSC_3336.jpg
夢飛「和兄ちゃん、暑いよね!!」


ママ「エアコンついてます。24℃設定でついてます。  (怒`・ω・´)ムキッ 」

スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
名前
2016年07月27日 (水) | 編集 |
まず、保護されると名前を考えます。

願いを込めた名前を・・・。

今いる保護猫ちゃんたちは、

生後1ヶ月130gで保護された子は大きくなるように「大生(だいき)」

その兄弟は幸せでいて欲しいので「幸生(こうき)」

保護された時とても汚かったので、きれいになるようにと「清志郎」

全身カビルンルンの子は、よくなれよくなれの「良成(よしなり)」。

我が家の猫軍団に入団した子で

ちょっと変わっている角膜炎の後遺症で目に膜を張っている子とその兄弟は「平(たいら)」と「和(かず)」で二匹揃って「平和」です。

産み落としの子は生き抜いてほしいから「生(いく)」

肝臓病の子は、一杯愛されて欲しいから「百愛(ひな)」

など。

でも・・・、レギュラー陣は

団長の「ゆず」をはじめ「みかん」「元(がん)」「ちぃ」「八幸之助」「モモ」と、願いではなく、雰囲気でつけてしまいました。

レギュラー陣、ごめんね。

でも、あなたたちの健康と幸せは常に願っているからね。





テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
里親様は美男美女!! ありがとうございました。
2016年07月25日 (月) | 編集 |
昨日、今日と仔猫ちゃんの引き渡しがありました。

両方とも若いご夫婦で、しかも美男美女!!

どちらも、先住猫ちゃんのとを考えて、お仲間さんとして応募して下さりました。

昨日の方は、元々お外にいた猫ちゃんだから、偶にはお外の空気と、ペット用のバギーでお散歩をするそうです。

いろいろな人とふれあってほしい、いづれは一緒に旅行をと考えてくれているそうです。

今日の方も、先住猫ちゃん、お渡しした仔猫ちゃんのことの相性も考えてくれています。

ありがとうこざいます。

私の理想は多頭飼いです。

猫ちゃんだって、言葉が通じないより通じる方がいいです。

1匹の留守番よりお仲間さんがいた留守番の方がいいです。

と、私が猫だったらそう思います。

同じ考えの方からいつも応募があり、私が納得したうえで里親様に託せるので嬉しいです。

あと、我が家には4匹保護猫がいます。

その内、二匹は免疫力が弱いために、要観察なので、しばらく我が家に・・・。

そして、この兄弟は、風邪が治り次第、兄弟一緒の里親募集いたします。

DSC_3295.jpg
DSC_3269.jpg


ご関心のある方は、メールフォーム、もしくは kamagaya_neko@yahoo.co.jpにご連絡下さい。

体重1Kgの男の子です。

人馴れ抜群です。

宜しくお願いいたします。



テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
FIP元気くん、猫王国に戻りました
2016年07月21日 (木) | 編集 |
先週の土曜日の16日午前9時、闘病生活5か月、FIPの元気くんが猫王国に戻りました。

発症してしばらくは小康状態を保っていましたが、1か月前から発熱、食欲不振がありました。

王国に戻る1週間前には重症の貧血。

前日は、脱水症状に黄疸が・・・。

足取りは弱かったですが、最後の最後まで自力で動いていました。

そして、私が出かけるからと、場所を移動してもらって、目を放したすきに猫王国に行ってしまいました。

苦しむこともなく、そこには亡骸だけが残ってました。

保護猫ちゃんの体調の悪い子が多く、身を引くかのように・・・。

猫仲間さんも「猫って、こちらがいっぱいいっぱいになるといなくなるよね」と、同じことを思っていました。

本当は、元気くんがいるから今年は保護はしないと思っていましたが、ご相談があるとやっぱり放っておけずに保護を。

そして、最後の1週間は睡眠時間も3~4時間。

他の保護猫ちゃんのためにも、一日何度も動物病院へ・・・。

また、倒れてしまいました。

我儘をいったことのない元気君、そんな私のことを想ったんでしょうね。

霊感の強い私は、虹の橋を渡った子と交信します。

元気くんは、白血病だった(直接の原因は体内出血)美流くんのいる猫王国に行ったそうです。

DSC_3116.jpg
左:美流くん                   右:元気くん

でも、私が寂しがっているときは、帰ってきてくれてます。

パルボの後遺症なのかずーっと倦怠感があり、ご飯を食べると、私のベットの上で寝てることがほとんどでした。

検査はしましたが、原因がわからず、そういう性格だろうと甘えていました。

きっと隠れ病気があったのかもしれません。

今は病気から解放されて、楽しそうにしています。

元気くん、良かったね。

それと、ママの元に来てくれてありがとうね。

因みに、美流くんがなくなった時は、「緊急要請があったので、猫王国に帰ります。」とのメッセージがありました。

元気くんには後悔ばかりです。

保護さえしなければ、猫生全うできたのでは・・・。

もっと、ちゃんと検査しておけば、FIPにならずに済んだのでは・・・。

後悔が先立ち、ペットロスになりそう・・・。

でも、我が家にはまだまだたくさんの猫軍団、そして、現在ヘルペス王国のチビチビ軍団もいるので、そうは言ってられません。

だから、いいのかもしれませんが。

主治医には、「今度は生ちゃん、気を付けてね」とのこと。

生ちゃん、突然の体重減少、リンパの腫れなどなどが見られます。

他の猫軍団には悪いですが、病気で頑張った元気君、生ちゃんは特別、私の王子様。

これで、生ちゃんに何かあったら、耐えられません。

それなので、保護は当分はいたしません。

今は、ヘルペス王国のチビチビ軍団を無事に里親様に出すことに全力を尽くします。

そして、その後は少しゆっくりします。

今まで、元気君を応援してくださった方、ありがとうございました。


DSC_3306.jpg







テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
何万分の一の奇蹟
2016年07月12日 (火) | 編集 |
毎年、どのくらいの仔猫ちゃんがお外で産まれるのでしょうか?

その中で、どれだけの仔猫が無事に育つことができるのでしょうか?

前回ブログした輝姫(きき)ちゃん、一瞬にして目が腫れ、一晩で穿孔しました。

主治医によく言われますが、目を掻いていたら目がとれることがあるからと・・・。

だから、気を付けて、エリザベスカラーをつけていたのに、この通りです。

あと、輝姫ちゃんは、その前は、食べたものが超特急で下痢です。

お外にいたらまずは助からないと思います。

昨年、お外にいた母猫ちゃんが我が家で仔猫を6匹出産しました。

が、原因不明、肺炎、先天性心臓病で3匹は虹の橋を渡りました。

家の中で保護してもこのような状況です。

先日、お会いした猫仲間さんからは、母猫が仔猫を食べたという話を数件聞いています。

産まれた仔猫が全部育つことは難しいです。

生後1ヶ月も過ぎれば、母猫からの免疫が切れ、猫風邪や病気になりやすくなります。

また、これからの時期は脱水です。

母猫のおっぱいを吸っているように見えても、必ず母乳が出ているとも限りません。

仔猫ちゃんたち、我が家のお世話係の男の子のおっぱいを吸って満足していますからね。

猫ちゃんたちは、人間が思うほど強くありません。

猫風邪は、人間よりずーっと酷いです。

人知れず、虹の橋を渡っている仔猫ちゃんはたくさんいます。

捨てられた仔猫ちゃん、人間年齢だったら3歳くらいなのに、空腹でお外にとくに夜真っ暗中にいるのは不安だと思います。

私にはできません。

そんな中で、保護される猫は氷山の一角だと思います。

何万分の一の奇蹟と思います。

その奇蹟の猫たちを私は、里親様に託すまで大切にしていきたいと思います。

我が家にくる猫ちゃんは、難題を持って我が家に・・・。

先日も、猫仲間さんからお互いの近状報告をした時、「相変わらず大変ですね」と言われました。

それでもいいです。

病気が治った時、仲間と一緒に遊んでいると、寝ているとき、里親様にお渡しした時、私に幸せをプレゼントしてくれます。

そのためにも、頑張りたいと思います。



追伸

 昨晩、輝姫ちゃん、くしゃみが連発だったので、院長に診てもらいました。

 まだ、腫れがひかないとわからないけど、目は大丈夫でしょうとのことでした。

 そうであることお祈りします。





テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
目から水がビューっと・・・:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・え~~~~~~~~ん!!!
2016年07月11日 (月) | 編集 |
前ブログの輝姫ちゃんですが、今度は、目から水が噴き出しました。

目薬をつけようと、くっついている瞼を少し開けたら・・・。

えっ?

エリザベスカラーもつけてたから、引っ掻いてないよね。

目薬(軟膏)もちゃんと塗ったよね。

何?

どうしたの?

ちょっと待て、その瞼の腫れは、眼球破裂の夢飛くんと似ている・・・。

速攻、動物病院に・・・。

目の中で細菌やウィルスにより穴が開いたみたいです。

開いた場所は、瞬膜が腫れているのでよくわかりませんでした。

今朝も目薬をつけようとしたら、ビューと・・・。


輝姫ちゃん、我が家に来てからずーっと下痢が止まらず、一回目の検便では何も見つかりませんでした。

一週間後の検便では、ジアルジアと悪さをする腸内細菌が・・・。

そして、食べたものが消化されず、超特急で下痢。

こうなったらへたすれば一晩でお星さま・・・。

副院長と院長のコラボの処方薬で、こちらは一晩で良くなりました。

それもつかの間・・・。

今度は目が・・・。

ちょうど母猫からの免疫が切れるころ。

こちらの生君も同じでした。
(詳細はブログを見てください。生君をクリックするとブログに行きます)

目については、失明するかどうかはまだわからないとのこと。

輝姫ちゃんは、トラックに轢かれそうなところを運転手さんが気づいて助かりました。

神様から頂いた命です。

大切に大切にしたいです。

どうか無事でありますように・・・。












テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
1時間の間に何が・・・(;´д`)=3トホホ・
2016年07月06日 (水) | 編集 |
昨晩、近所の方と1時間ばかりお話しして帰ると・・・

400gの輝姫ちゃんの目が・・・

くっついていて、瞬膜が腫れていました。

1時間前は大丈夫だったのに・・・

何があったの?

多分、ヘルペスです。

くしゃみもしているから・・・。

確か前に、平君も・・・、二階を掃除している間に・・・

DSC_1093.jpg

猫は人間より繊細です。弱いです。

あっという間に悪くなります。

我が家だけなのかな・・・

とりあえず、夜、また動物病院に行ってきます。

輝姫ちゃんの写真は撮れたら、あとで更新します。

眠い・・・、同僚曰く食うところがないのに痩せていく・・・。

でも、がんばらなくちゃ・・・。

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
寄ってきますね 。゚(。pдq。)゚。
2016年07月05日 (火) | 編集 |
タイトルの「寄ってきますね」は、先日、かかりつけの動物病院の看護師さんに言われた言葉です。

何が寄ってくるかって?

それは、来る猫来る猫何かしらの病気や難題を持ってくるのです。

この二年間で持ち込みでパルボ祭り4回開催してます。

みんな律儀だからね~。

ただでお世話になるのは悪いからと、お土産持参できます。

我が家は、
 
     ゆず(団長・生後5日から保護)
     元(我が家のウッドデッキの下にいました・現在歯肉炎)
     みかん(愛犬がなくなった次の非に庭の犬小屋で産まれました・歯肉炎予備軍)
     ちぃ(うちの前の緑地で保護・強毒カリシを何もせずに克服)
     はち(うちの庭にいたところをTNR後に保護)

までは、私が自主的に家族として迎え入れた子たちです。

その後の
     もも(保護時交通事故で骨折・その後数々の病気を)  
     福(庭で保護・家庭内野良猫)
     元気(パルボ&強毒カリシを克服後倦怠感、そして、現在FIP・鼻の骨変形)
     夢(家庭内野良猫)
     和(角膜に炎症・発達不良) 
     平(和と兄弟)
     生(生み落としの超虚弱児・努力性呼吸・副鼻腔炎・鼻の骨変形・免疫弱・形質細胞性足底皮膚炎・他)
     真(先天性心臓病(右心室の弁形成不全)
     百愛(先天性肝臓病)
     夢飛(眼球破裂)
が、里親に出せなかった子たちです。

我が家の猫軍団に入団しました。

そして、今いる保護猫ちゃんたちも、全身カビルンルンの「よくなれ、よくなれ、良成君」をはじめ、発育不良他など。

DSC_3291.jpg


だいたい我が家に来る保護猫ちゃんで、病院にお世話にならない子は皆無に近いです。

そんな子ばかりだから、免疫力を上げるインターフェロンは必須です。

週1で打っています。

この週末は、400gの輝姫ちゃんが、食べたものが消化されずに超特急の場合は、追加のインターフェロンです。

仔猫ちゃんの下痢、特に超特急でしたら、一晩で虹の橋を渡ることもありますから。

現在は、院長と副院長のコラボの処方のおかげで、下痢はとまり、1命は取り留めました。

そして、昨日、カビルンルンの良成君は、食欲不振のため、インターフェロンです。

身体中が真菌に侵されているので、免疫力が低いです。

風邪も患っていて結膜炎があり、重症化しないためにインターフェロンしていただきました。

おかげで、今朝は食欲もあります。

ただ、このジメジメした季節なので、菌の勢力が強く、このままだと毛のない猫のスィンクスになってしまいます。

帰ってから、私の勤めている会社の社長が開発した殺菌用シャンプーします。

保護猫ちゃんが来ると、落ち着くまではこのような状況です。

というわけで、現在、これ以上の保護は無理です。

週末には約10匹、動物病院です。

今年の明細書は180枚超えていると思います。

我が家決定の子たちだけで保護は厳しかったのですが、相談があり放っても置けないので保護しましたが、回ってません。

投薬・目薬・塗り薬・体重測定・口内点検・前進チェック等・・・。

そして、構って攻撃への対応・・・。

本当は、FIPくんに一番構いたいです。

現在、天候が悪いせいか、また新たなる病気が発覚し、食欲不振で体重減少もあります。

1週間前は、熱が41.5℃に胸水も貯まっていました。

が、胸水は抜けました。

熱はたまに出ているので、体力の消費が気になります。

朝5時から12時まで、座ってご飯も食べられない(忙しすぎて食べかどうかも覚えてないときが・・・)・・・。

仕事をしているときの方が楽です。

病院で診てもらっているときに、主治医から「この子は・・・・」と怪しいことを言われるたびに、「もういい!!」と口走ってしまいます。

はぁ~。

ちょっと私の現状を整理しないと、皆倒れしそうなので。

とにかく今はみんなを無事里親様に託せるよう頑張ります。


 








     
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット