まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
やっと収束・・・、やっぱり食欲不振には・・・。
2017年03月15日 (水) | 編集 |
前々回のブログに書いたように、我が家は、ウィルス性による食欲不振が蔓延していました。

が、やっと収束しつつあります。

長かった・・・、約10日間。

動物病院に通算30匹以上通ったかな。゚(゚´Д`゚)゚。

因みに、なぜ、ウィルス性かというと、抗生剤を打った生ちゃん、症状が良くならない。

が、インターフェロンを3日連続打つと、ご機嫌モード。

そして、一日打たないと、また、絶不調。

抗生剤は効かないが、インターフェロンは有効なので、ウィルス性。

今回、一番酷かったのが、生後7か月の角膜穿孔した良太君。

DSC_3577.jpg
良太君

ワクチン接種してからの10日間、食欲不振。

でも、元気はある。

連日、インターフェロンを打っても、食欲が戻らないので、主治医ではない別の先生に、Yマジックをお願いしました。

Yマジックとは、その注射を打つと、3・4時間後に食べ始めます。

何匹が試したところ、やはりこれで、食欲不振が改善されます。

主治医のイニシャルのYと1週間食べない子が食べ始めるという魔法みたいな注射なので、合わせて、「Yマジック」と私は呼んでます。

話は元に戻って、良太君も、Yマジックをした翌日から食欲が戻ってきました。

やはり・・・。

そして、2月に1週間食欲不振で、やはりYマジックで回復した八幸之助君。

今回も、食欲不振になったので、Yマジックをしてもらおうと、病院に連れて行こうとしたら、逃げる逃げる。

しょうがないので、先生に相談し、お薬を出してもらうことにしました。

Yマジックの経口薬。

やはり、3時間後には、食欲が回復してきました。

食欲不振が多い我が家では、このYマジックは助かります。

で、Yマジックって・・・、と気になる方もいるのでは。

それはですね・・・、ステロイドです。

ステロイドの副作用に食欲増進があります。

その作用を利用し、食欲不振が改善されるのかもしれません。

主治医殿の見立てにはいつも尊敬するばかりです。

また、私の我儘をきいていただいたN先生にも感謝です。

今朝は、久しぶりに全員がご飯を食べてくれました。

その後、私が後片付けや掃除で忙しい中、みんなで運動会を開催!!

賑やかで、ちょいうるさいですが、元気が一番。

食べてくれるのが一番。

みんな、ありがとうね。

我が家にも、春到来ですかね。











スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット