まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
保護主様へのお願い
2017年06月01日 (木) | 編集 |
そろそろ仔猫が、巷デビューをする頃です。

子猫を保護することがあると思います。

ご相談は受け付けます。

里親探しもご協力いたします。

が、できるかぎり保護はお願いいたします。

中には、毎年、保護依頼してくる人もいます。

先日も、依頼があり、「やっぱり避妊手術しなければだめかしら・・・」と。

お願いいたします。

努力をしたけれど、ダメだった場合はご相談にのります。

「産まれたら、また頼めばいいや」はやめてください。

断ろうかと思っても、子猫ちゃんたちの命を考えるとできないんです。

馬鹿なんですよね。

断れば、大変な思いをしなくてすむのに・・・。

私はすべてが自費で行ってます。
(ボランティアは無償活動ですから、当たり前ですが)

だから、経済的にも、身体時にも、精神的にもきつくなることがあります。

動物病院の院長、主治医、スタッフさんのおかげで、多くの子が助かって行きます。

私が最近、倒れまくっていて、その痛さや苦しみを経験し、猫ちゃんたちがその苦しみを感じることが嫌だから、ついつい病院へ。

我が家に来る子は、免疫力の弱い子が多いです。

そのため、毎週インターフェロンしています。

今回は、カリシウィルスによる舌に潰瘍ができたため、連日のインターフェロンです。

会社に行く前、帰ってからの病院は、きついです。

朝は五時起き、昼休みも一旦帰宅し猫の世話、ご飯も座って食べる余裕もありません。

もちろん、テレビを見ている暇もありません。

最近は、本も読めてない・・・。

つい愚痴ってしまいました。

それでも、頑張って元気になっていく猫ちゃんが幸福感をプレゼントしてくれるから、一緒にがんばれます。

保護主さんもそれを理解してくださる方がいるから、頑張れます。

私の原動力は真心かな。

保護主様、預けたら終わりでなく、最後まで見守ってほしいです。

そして、餌やりさんは避妊去勢手術を必ずしてくださいね。

宜しくお願いいたします。




今日の向日葵ちゃん
IMG_20170601_081614.jpg写真をとっている余裕もなくて・・・。ボケててごめんなさい。
  
兄弟猫の大空(たく)くんと一緒におねんね。横になって寝れるようになっただけ、少しは良くなってきたかな?そうだといいけど。
大空くんは、保護した時には角膜穿孔。少しずつよくなってきています。痛かったよね。よく我慢したね。偉かったね。
(私が最近、角膜の上皮が剥がれる「再現性角膜びらん」になるのですが、めちゃ痛いです。)

向日葵ちゃん、写真で感じるより、もっと小さいです。
体重が生後1~2週くらいで、身体の大きさもそんなものかも・・・。
今、カリシウィルスと戦っているため、体重が増えません。
だるいんでしょうね。遊びません。
頑張って、打ち勝ってほしいです。

で、ついついブログしてしいます。




スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット