まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
お願いです。捨て猫はやめてください。
2014年01月31日 (金) | 編集 |
この間、動物愛護センターから殺傷処分になるというので、引き取ってきました猫ちゃん、飼い猫または管理された猫の形跡があるため、飼い主様探しをしています。

お店にポスターを張ったり、保護された近隣のお家に個別にポスト投函をしましたが、飼い主様は見つかりません。

おそらく捨てられたんでしょうね。

だって、認知症の症状があります。


保護した当時、足はふらつき、尿による床ずれ、たぶん腎不全、そして、突然の雄叫びです

それでも、今はだいぶよくなり、階段を登ったり、テーブルの上に飛び乗ったりするようになりました。

トイレの失敗はありません。

ただ唯一の困り者は、雄叫びです。

捨てられたのであれば、その不安から鳴いているのかもしれません。

保護してから私は睡眠不足です

それでも、保護した当時から比べれば落ち着いてきました。

もし、捨てられたなら、きっと飼い主様、雄叫び等認知症の症状で疲れてしまったのかも・・・・。

そうかもしれないけど、どんな理由であれ、捨ててはいけません。

先週も、新鎌ヶ谷で、キャリーバックに入ったまま置き去りにされていました。

まだ、飼い主様は現れないみたいです。

きっと、捨て猫でしょうとのことでした。

いろいろな理由で飼うことができなくなるときもあると思います。

そんな時は、新しい飼い主様探してください。

飼い猫は、外での暮らし方はわかりません。

捨てられたら、死ぬかもしれません。

今回我が家で保護した猫みたく、殺傷処分になるかもしれません。

苦しんで死ぬんですよ。

私は嫌です、苦しむのは。

だったら、猫も一緒ですよね。

人間の言葉を話さないからわかりにくいかもしれませんが、ちゃんと感情もあります。ちゃんと考えて行動しています。

苦しみもわかります。

お願いします。猫ちゃんを捨てることはしないでください。

飼えなくなったら、猫ちゃんのために最善策を考えてください。

人間だったらできますから。










スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック