まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
鎌ヶ谷市の地域猫活動
2014年03月09日 (日) | 編集 |
鎌ヶ谷市の助成金で飼い主のいない猫の不妊去勢手術が実施されました。

実施者の方、餌やりさんではなく、産まれてきた仔猫が人間の手によって虐待され殺されたりするのが嫌で、今まで、自費で手術をしてくださったありがたい方です。

この週末、TNRにチャレンジ。

鎌ヶ谷市もはじめての試みでわからないことだらけ。

それはあたりまえです。

その中で、難題なのは、野良猫ちゃんを選択ネットに入れて、病院へ連れて行くこと…。

慣れている猫ちゃんはいいけど、そうでない凶暴の猫ちゃんをそんなことをしようものなら一歩間違えば、怪我してしまいます。

今回は、慣れている猫ちゃんだったので、三人がかりでどうにか洗濯ネットに入れみたいです。

良かったです。

次回はどんな子が入るかわかりません。

そこで、捕獲器の中に、回収ネット(ペットポトルのゴミを収集する袋みたいなねの)を設置し、捕獲器に入ったら、
巾着の紐をしばるのを提案してみました。

その前に、病院へ連れて行くとき、捕獲器のままでいいと思うのですが…。

実際、千葉県の事業で行う動物愛護センター様は、捕獲器のままお預かりしてもらっています。

私が、自費でしてもらった病院もそうです。

で、聞いてみたところ、一方の扉から毛布やタオル等で、追い込み動けなくなったところで、反対の扉から注射をするそうです。

ん~、この方が安全!!

来年度はこの案を提案してみようと思います。

明日、二回目のTNR予定です。

うまくいくこと祈っています。

頑張れ~!!






スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック