まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
ミルクちゃんお届け
2014年03月12日 (水) | 編集 |
先週の日曜日、ミルクちゃんを里親様にお届けしてきました。

DSC_0620.jpg

頭がよく、臆病で、警戒心の強い子です。

今まで保護した中(我が家の猫軍団の家庭内野良猫の福ちゃんを除く)で、一番慣れなかった子です。

ゲージ内で触ろうとするとろ、まずは、シャー&猫パンチ。

そして、ゲージの外は、触ることはできません。

それでも、段々と近くまで来ることができたり、威嚇がなくなったりしていました。

里親様決まったものの、そこまで慣れていない仔猫ちゃんをお渡しするのは申し訳なく、お見合いに来てもらいました。

だったら、里親応募しなければいいのに…、とお思いの方もいると思います。

我が家には猫保護部屋はありません。

何時までもゲージ内もかわいそうです。

そして、ゲージの外に出すと、我が家の猫軍団がいて、人間に依存する必要がないのです。

我が家に慣れてもらうより、早く里親様を見つけ、里親様に慣れてもらうのが一番だと考えています。

話は戻って、お見合い当日、里親様がゲージ内ですが、触ろうとしても、威嚇も猫パンチもしなく、おとなしく触られせていました。

おーっ、びっくり!!

そして、里親様に喜んでいただき、今週、お届けに行きました。

お届けするまでも、ミルクちゃんをゲージ入れるのに、格闘!!

どうやっても、ネットには入らず、三段ゲージのままお届けしました。

里親様宅では、ゲージから出てテレビの後ろに隠れました。

そして、里親様が見ていても、おとなしく寝ていました。

私が帰る時、ミルクちゃんを見ると、

「あんたは嫌いだから、早く帰って」オーラが…。

まぁしょうがないか、洗濯ネットに入れるは、ゲージに入れるために追いかけるは、病院へ連れて行くは、ですからね。

そして、それだけ警戒心の強い子ですから、しばらくは出てこないかもと里親様には注意をお願いいたしまた。

が、翌日のメールでは、私がいないくなった後、テレビのうしろから出てきて、ミルクちゃんのために新しく購入してくださった猫ドームでずーっと寝ていたそうです。

里親様がいい人たちだったので、安心したんでしょうね。

里親様には、このミルクちゃんが産まれたころ、ミルクちゃんにそっくりな先住猫ちゃんが20歳で虹の橋を渡ったそうです。

その先住猫ちゃんは目の開く前から育てていたのに、あまり甘えることはなく、「猫ちゃんはそんなものと思ってますから…」とのことで、ミルクちゃんがまだ慣れてなくても問題ないとおっしゃっていただきました。

そういってもらえて、本当にありがとうございます。

今後も、ミルクちゃんのことよろしくお願いいたします。

そして、ミルクちゃん、そんな素敵な里親様に逢えたのだか、安心してゴロスリの甘えんぼさんになってくださいね。







スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます ( ´ ▽ ` )ノ
2014/03/13(Thu) 15:59 | URL  | MaySoo #/rItj/Do[ 編集]
MaySoo様
ありがとうございます。里親様に本当に感謝です。
2014/03/14(Fri) 10:36 | URL  | ゆずがん(管理者) #uhH9GZvw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック