まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
愛護センターからのニューフェイス
2014年04月10日 (木) | 編集 |
本日、千葉県の愛護センター東葛飾支所から我が家にニューフェイスがやってきました。

DSC_0661.jpg


問い合わせた時は、「体重3kg以下、1歳にはなってません」ということでしたので、生後8か月~10か月くらいかと思っていたら、実際見てみると小さい。

で、体重を測ってみると、2.2kg。

ということで、推定4か月ですかね。

警察経由で動物愛護センターに収容となったそうです。

この時期は、ボランティアさんも仔猫の準備もあることと思います。

受け入れていただけるボランティアさんがいないということで、引き取ってきました。

この月齢で初めてなのに、触れる、抱っこできる。

我が家の猫軍団にも物怖じしない、はじめての我が家で警戒心ゼロ。

野良出身にしては、人馴れが抜群。

飼い猫だったの?と思えるけど、あちこち臭いをかぎまくる行動は野良と思えるところも。

ん~、どうして保護されてしまったんでしょうね。

先ほどゲージから出したら、一人運動会を開催して、パワフル元気!!

ご飯も食べて、トイレもして。

あとは、ゆっくり寝てください。

今後も、よろしくね。


千葉県の愛護センター様は、殺傷処分を減らすために、いろいろと努力をしてくださって、感謝しております。

飼い主を探す会譲渡会を開催してくださっています。

他にも、ボランティアさんに託したりもしています。

それ以外にも、直接譲渡していただけます。

これから、犬や猫を飼おうと思っている方、一度、動物愛護センターに収容されている犬猫ちゃんたちもご検討ください。

この収容されている犬・猫ちゃんたちには時間制限があります。

みんなさんの真心&思いやりで、殺傷処分を減らしていけたらと思います。



スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック