まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
奇跡の回復!!
2014年04月27日 (日) | 編集 |
ここのところ、我が家は厳重警戒に入っているため、ブログがなかなか更新できませんでした。

というのは、動物愛護センターから引き取ってきた仔猫の元気くん、パルボと強毒カリシウイルスを発症しました。

ワクチンは、愛護センターで接種してもらってありましたが、抗体ができるまでは時間が短すぎます。

まずは、食欲廃絶、嘔吐、発熱で病院にて受診。

血液検査をしてもらった結果、白血球が600と、通常の約1/10でした。

我が家には猫軍団が7匹います。

ワクチン接種はしていますが感染力の強いウィルスです。

厳重警戒が発令されました。

「厳重警戒!!。とにかく食べて、免疫力をあげるように」との、私からの指示のもと、特に、女の子のちぃは一生懸命食べてくれて、ちょっと真ん丸ぎみになってしまいました(笑)

そういえば、このちぃちゃん、保護したとき、やっぱり強毒カリシウイルスにかかっていて、舌に穴が開く寸前の潰瘍ができ、食べ物は消化できないでいました。

この時、獣医さん(今回お世話になっている獣医さんではありません)は「このパターンは助からない」と何も治療しませんでした。

まだ、猫に関して無知だった私はそんなものかと思い、家に連れて帰り、何の治療もせず、神頼みをして、今、我が家の紅一点として元気に過ごしいます。

話は戻って、中には他の患者さんにうつっても困るからと受診拒否の病院もある中、いつもお世話になっているH病院は、親身な対応をしていただきました。

他の患者にうつらないように、他の患者さんがいなくなってからの診察時間が終わってからの診察です。

先生の的確な素早い対応が良かったんでしょう。

毎日のインターフェロン、抗生剤、吐き気どめ、皮下輸液としていただき、回復してきています。

パルボで41℃の発熱、食欲廃絶、元気消失、嘔吐、タール便、貧血、カリシウィルスで、舌の先が潰瘍、よだれ、鼻づまり・・・などなどと。

白血球600ですから、抵抗力、免疫力はほぼ皆無です。

それも致死率の高い2つのウィルスを併発ですから、今、回復していることは奇跡です。

パルボはいろいろな臓器をいたずらします。

一つ一つ毎日少しずつ良くなっています

無事、完治してほしいです。






。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇

お外にいる猫・愛護センターにいる猫、どんな病気をもっているかわかりません。

我が家の猫軍団の団員のことを考えると保護は危険かもしれません。

でも、我が家の猫軍団みんなお外出身。

一歩違えば、野良猫です。

お外の猫たちと何にも変わりません。

だから、危険かもしれませんが、保護活動はやめないと思います。

一匹でも多くの猫たちに、我が家の猫軍団みたいに能天気な生活をプレゼントしたいと思います。

猫軍団をはじめ、保護猫ちゃんたちで瀕死の子がいましたが、お星さまになって猫ちゃんは今のところゼロです。

この強運にかけ、私得意の「神様お願い」のお祈りで、これからも続けたいと思います。













スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック