まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
さくらねこ不妊手術事業実施~H26.5.24~
2014年05月26日 (月) | 編集 |
公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」により、今月は5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。 公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます

今回の猫ちゃんは、
DSC_0772.jpg

女の子です。

先日ブログで里親探しをしていたキジトラ君のお母さんです。

DSC_0770.jpg


近所の方がカラスから襲撃されていたキジトラ君と黒君と母猫ちゃんを保護してくれました。

キジトラ君は、昨日、柴犬を2匹飼っていて、お母様も猫ちゃんをかったことがある動物好きファミリーのところに、里親に行きました。

お嬢さんがとても気に入ってくださっていて、すでにまったりしているみたいです。

里親様、今後もキジトラ君のことよろしくお願いいたします。

話は戻り、お母さん猫もせっかく保護されたのだから、そのまま戻すわけにはいきませんよね。

そこで、今回、どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」により手術をさせていただきました。

どうぶつ基金様、ありがとうございます。

今まで授乳中だったので、腫れている乳腺を避けての手術で大変だったそうです。

暫く保護主様のところで療養してからお戻しとします。

これで、発情期に男の子たちに追われることもなく、育児の心配もなく、まったりした生活を送っていただければと思います。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック