まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
気づけば、こんなに・・・
2014年06月27日 (金) | 編集 |
私が猫にかかわって二年が過ぎました。

TNRした数約70匹、里親探し・保護した数もうじき100匹。

飼い主のいない猫の捕獲(T)・不妊去勢手術(N)・戻し(R)は、近隣の方、餌やりさんのご協力がなければできません。

また、私の場合は、千葉県の「飼い主のいない猫の不妊去勢手術」で行わさせていただきました。

習志野保健所様、動物愛護センター様のご協力、ボランティアのNPO法人ふなばし地域ねこ活動様、NPO法人 ねこだすけ習志野支部様からのアドバイスがあってこそ、たくさんの猫ちゃんのTNRができました。

また、この三月には鎌ヶ谷市の助成金制度を利用して、TNRをさせていただきました。
 
先日にあたっては、清水市長への要望の回答もすぐにいただきました。

地域猫を推奨してくださっているかわはら議員様にも励ましのお言葉をいただいて、心強く感じています。

現在のTNRは、「どうぶつ基金」の「さくらみみ事業」を利用させて行わさせていただいております。

本来なら、お外で暮らさなければならない猫ちゃん、もしかしたら、虹の橋を渡っていたかもしれない猫ちゃんの里親様になってくださった方には心から感謝申し上げます。

私の場合、里親募集をした猫ちゃんで里親が見つからなかった猫ちゃんはいません。ありがたいことです。

先日も、里親様からのメールで、感動物語がありました。今後、ブログで紹介していきたいと思います。

また、これ以上不幸な猫ちゃんを増やさないようご相談してくださる方、猫ちゃんのことを考えてくれて、ありがとうございます。

そして、野良猫の診察を拒否する病院もある中、親身になって診てくださるH病院の先生、看護師さん、スタッフさんありがとうございます。

多くの方のご協力があって、たくさんの猫ちゃんが私が関わる前より幸せになっていると思います。

また、多くの皆さんに出会い、気持ちよく猫活動をさせていただき、私はとてもいい経験をさせていただいております。

本当にありがとうございます。

よくわからないまま、流されるまま猫のことをしてきました。(二年前の今ごろ、「地域猫」「猫ボランティア」という言葉さえ知りませんでした)

気づけばこんなに多くの猫にかかわってきたのだと、自分自信がびっくりです。

今後もどこまでできるかわかりませんが、私が動くことで、猫ちゃんたちが幸せになれるなら頑張ろうと思います。

猫も命があります。

生きています。

感情もあります。

地球は人間だけのものではないと思っています。

これからも、一匹でも多くの猫ちゃんが幸せになれるよう、殺傷処分が少しでも減るよう、飼い主のいない猫によって悩む人間がいなくなるよう、行動していきたいと思います。

あっ、お礼をいうのを忘れていた人(?)がいました。

主人と娘と我が家の猫軍団と犬の杏です。

立ち代り保護猫ちゃんが我が家に来ます。

それでも、嫌がらず猫達にも構ってくれて、ありがとうございますです。

今後も、まだ活動を続けますので、よろしくお願いいたします。

20080319230923.jpg

【左】杏(スタンダード・ダックス 10歳)    【右】龍【チャウチャウ・去9歳】




















スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック