まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
最後の捕獲
2013年02月23日 (土) | 編集 |
a href="http://kamagayaneko.blog.fc2.com/img/2012122720190000.jpg/" target="_blank">2012122720190000.jpg
   元「兄ちゃん、一緒に寝ようよ」           ゆず「一人にさせてくれ」


*************************************************************************************

千葉県の新事業の「飼い主のいない猫の去勢避妊手術」が今回最後になりました。

さすがに4回目になると、もう捕まりません。

今回はダメかなと思っていた時、3匹捕まりました。

そのうちの黒猫ちゃんは、おなかの中に、5つ卵がありました。

セーフと思う半面、自分勝手な人間のために、ごめんなさい…。


それと、三毛の女の子は、卵巣に腫瘍があったみたいで、避妊手術をすることで、腫瘍をとることができたので、よかったです。

4回実施し、男の子13匹+女の子8匹=21匹手術できました。

男の子の方が多かったです。

でも、動物愛護センターの獣医さん曰く、男の子を先にした方が結果は早いそうです。

きっと、男の子はところ構わず、子供を作ってしまうからですかね。

いつも捕獲するたびに、猫を保護するたびに、「これでよかった」のか悩みます。

人間の都合から考えればよいことかもしれませんが、猫にとってはどうなんでしょうか?

人間と猫が共存するうえで、必須なんでしょうが、悩みます。

最後に、動物愛護センターの方から情報を得ました。

4月になったら、また、この事業の応募が始まるそうです。

ぜひ、やりたいと思っている方、今から準備を。

    ・協力してくれる方2名集めてください。
    ・平日、動物愛護センターまで搬送してくれる方探してください。
    ・町内会長の許可が必要ですので、事前に連絡してください。
   
やるなら今のうちです。

まだ知れ渡っていないので、申請が通りやすいと思います。

予算の都合上、頭数制限があるみたいなので。

・・・・

この春が勝負!!

どうぞ、これ以上、ニャンズが増えませんように。












スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック