まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
今年も鎌ヶ谷市から申請します
2014年08月04日 (月) | 編集 |
千葉県の「飼い主のいない猫の不妊去勢手術」の事業の申請が始まっています。

今年も、鎌ヶ谷市から申請があります。

野良猫が子供を産み、それを猫嫌いさんが捨てたらするのがたまらず、個人的にTNRをしてくださった方が、餌やりさんを説得し、近隣の方にご協力をしていただき、申請をするそうです。

一匹でも不幸な猫ちゃんを減らすためのその行動力に感謝いたします。


事業内容の詳細は、

https://www.pref.chiba.lg.jp/eishi/boshuu/neko-funinkyosei.html

をご覧ください。

この事業のおかげで、私の管理している地域の猫も、一時は25匹を超えていましたが、今は1ケタになりました。

是非、まだ、間に合うと思いますので、飼い主のいない猫ちゃんで困っている方、申請をしてみたらいかがでしょうか?

ご相談は、メールフォームから受付中です。




****************************************************************************************************

DSC_0979.jpg

生後2か月 体重500gの未熟児、元気一杯の和君です。

キャリーバックにのっていますが、降りられません。

ご飯いっぱい食べて、ミルクもたくさん飲むからお腹がポンポコリン。

なのに、体重は兄弟猫の約半分。手のひらサイズです。

まだ、里親募集できませんが、可愛いので、たまに成長記録を載せちゃいます。





DSC_0991.jpg

右側が兄弟猫の平君、中央が和君、左側が栄養不良児のレオンくんです。










スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック