まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
猫風邪と免疫力
2014年11月06日 (木) | 編集 |
先月は、我が家のちびちび軍団の風邪王国でした。

今でも、一番小さい、100gで保護された生君が大変な状況です。

DSC_1363.jpg


命があるだけでも感謝です。

産み落としの初乳を飲んでいない生君は、免疫力がありません。

回復してきたかと思えば、次の風邪・・・の繰り返し。

保護されたから、どうにか強制給餌で体力を保っています。

猫は匂いでご飯を食べますから、鼻づまりがあると、食欲があっても食べないこともあります。

それであっという間に体重が減少し、衰弱し、お星さまです。

私は、仔猫の管理は体重でみます。

ご飯を食べていても、体調が悪いと、体重は増えない、もしくは減少します。

それと、仔猫は体温調節ができないので、生君を保護した9月からホットカーペットは使っています。

とくにこれからの季節はすぐに低体温になってお星さまです。

だから、これからの季節産まれてきた仔猫は育ちません。

生君だって、主治医が本当によく対処していただいていてもこの状況。

今回も最悪の事態が懸念されています。

保護されていてもこのような状況です。

だからと言って、不妊手術をおこたってはいけませんよ。

妊娠・出産・育児もどれだけ猫にとって負担なのか考えててくださいね。

だから、不妊手術をしていないお外の猫ちゃんがいたら、ちゃんと不妊去勢手術はしてください

来春に仔猫が産まれないよう餌やりさん、頑張って手術してくださいね。

話は戻りますが、生君はおそらく産み落としの仔猫です。

初乳は飲んでいません。

人間だけではなく初乳には免疫力・ウィルスにたいする抗体を強める成分が沢山入っています。

それで、人間なら半年、猫なら2か月は免疫力があると言われています。

だから、初乳を飲んだか飲まないかでは、その後が大きく変わっていきます。

生君は初乳を飲んでいないから、弱くて当たり前・・・、今、生きていることに感謝です。

生きていることが奇蹟だと思います。

今はにくきカリシウィルスに侵され、舌の広範囲に膜ができ始めました。

この間、やっと克服したと思ったのに・・・。

主治医曰く、カリシウィルスはエボラ出血熱より凄いそうです。

また、今度も克服してほしいです。

風邪というと軽くみてしまいますが、人間の風邪より猫の風邪はひどいです。

命を落とすこともあります。

飼い主のいない猫は、それでどれだけお星さまになっているんでしょうね。

そんな簡単に猫は増えませんよ。

まぁ、私もそうでしたが、猫風邪や感染症について知らないから、日本は子供の致死率が少ないから想像できないでしょうが、助かる命の方が少ないです。(発展途上国では人間でも子供の致死率は高いですからね)

だからこそ、猫ボラさんは一匹でも助けてあげたいから、頑張るんでしょうね。

せっかく授かった命を大切にしたいと思っているから・・・。

現状、今は生君に手がかかり、また、他にも感染症の猫がいるので、我が家で保護は難しいです。

でも、里親探しのお手伝いはいたします。

先月も保護は依頼主様にお願いし、7匹の猫ちゃんの里親様が決まりました。

元々野良猫はいなかったと聞きます。

それなら、人間の身勝手でなった野良猫ちゃんを元の飼い猫ちゃんに戻しましょう。

先祖からのDNAは野良猫ちゃん仕様になってませんよね。

1人の人がたくさんの保護するのは大変だけど、皆さんが一匹ずつしていただけたら、どれだけ多くの猫ちゃんが救われるのでしょうかね。

そう思うこの頃です。




追伸

わが家の猫軍団&保護チビチビ猫軍団へ

今、夜は生君の通院、平日はお仕事・土日も猫関係にと忙しく、かまってあげたくてもかまってあげられなくてごめんね。そして、それを我慢して、生君をやさしく見守ってくれているあなたたちに感謝します。
貴方たちは、私の自慢の子供たちです。大好きだよ

DSC_1362.jpg


スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック