まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
身体に鞭を打ちながら・・・
2014年12月17日 (水) | 編集 |
まだ、カリシウィルスによる舌の潰瘍が治りません。

この痛みが辛く、心身ともにきつい状態です。

更に、モンスター餌やりさんとのやりとりで、舌の潰瘍が悪化、胃炎・・・。

他にも、体調不良が…。

寝不足も伴い、休みたいという気持ちがいっぱいです。

でも、かなり寒さがきびしいこの季節、できるだけ仔猫ちゃんを保護したいです。

今日、元気でも、明日どうなるかわからない野良猫世界。

一匹でも多くの猫ちゃんに、まったりとした生活をプレゼントしたいです。

身体に鞭を打ちながら、裏の子育てメッカの仔猫たちの捕獲を試みても、警戒心が強いのかなかなか保護できませんでした。

が、一昨日の晩、お預かりの仔猫ちゃんが昨日来る予定でしたので、裏の子育てメッカにいる仔猫の保護を一時中断しようと、捕獲器を片づけに行ったら、入ってました。

いつもは入っていないのに…

DSC_1588.jpg


最初は、生後半年~1歳未満の仔猫と思いましたが、1.2Kg、推定月齢4~5か月の女の子です。

威因みに、不妊手術は今日します。仕事前に病院に連れて行きました。

もし、この仔猫ちゃんに、ご興味・ご関心がある方は、メールフォームからご連絡ください。

ご希望のところまで慣らします。

その子育てメッカには、あと二匹います。

無事に保護できればと思います。

ご老体に鞭を打ちながら、頑張りたいと思います。

DSC_1598.jpg
チビチビ保護猫軍団。右側が昨日きたお預かり仔猫ちゃんです。
真ん中は生君、左側の仔猫ちゃんは、生君と同じくらいの月齢です。
・・・生君、ちっちゃ・・・




スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック