まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
三毛猫の心結(みゆ)ちゃん里親様へ
2015年02月19日 (木) | 編集 |
1月31日、鎌ヶ谷大仏駅のバーミヤンの傍の木下街道を渡っていたとき、保護された三毛猫の心結ちゃん、無事に里親様のところに行きました。

DSC_1921.jpg
  生君(生後5か月)      心結ちゃん(生後2か月)

7・5・3歳の男の子のいるご家庭です。

我が家の紅一点とお父様が・・・。

お父様が帰宅帰りに猫の親子が渡っていた時、猫を飼いたいと思い、全ての用品をそろえていたそうです。

が、知人の方が病気になり、その方が飼っていた犬を保護し、里親様を探したほど、やさしい里親様です。

もちろん、奥様もお子様もそれを受け入れたのだから、優しいファミリーだと思います。

私も生まれたころから、何かしら動物がいました。

我が家の娘もそうです。

娘は一人っ子ですが、どこに行っても下の子への面倒見がいいと褒められます。

きっと、動物がいたからでしょうね。

それに、何かあった時、動物は何も言いませんが癒してくれます。

親や友達には言えなくても、動物が聞いてくれれば、心が安らぐのでは・・・。

だから、私は小さいお子様がいるご家庭でも動物は飼って欲しいと思っています。

話はそれましたが、心結ちゃん、お兄ちゃんたちにいっぱい遊んで・かわいがってもらってください。

里親様、心結ちゃんのこと、よろしくお願いいたします。

さぁ、このあと二件お届け待ってます。

首・肩と不調ですが、猫ちゃんの幸せのため、頑張ります。



スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック