まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
猫育児(,,◕ ⋏ ◕,,)
2015年05月13日 (水) | 編集 |
お久しぶりです。

何だかいろいろと忙しく、1日48時間欲しいこの頃です。

さて、今日は猫の育児について書こうと思います。

我が家では保護した猫ちゃんが4月3日に出産しました。

母猫ちゃん、最初の1週間はずーっと一緒にいました。

それから、徐々母猫ちゃんはは仔猫と離れる時間が増やしていました。

母猫ちゃんは、子猫に何かあったらすぐそばにいます。

そして、生後3~4週間たった頃に、ゲージの外に仔猫を誘導。

ちゃんと、自立させるための訓練をさせていました。

偉いと思います。

いつまでも甘えさせているわけではなく、一匹でも生きられるように躾をしています。

一見何も考えていないように思われる猫ですが、人間以上に考えて育児をしているのではと思えます。

ちょうど三年前、我が家の付近では仔猫が約30匹以上増殖したときがありました。

その時、母猫ちゃんの後ろに、一列になって仔猫ちゃんたちがパレードのように歩いているのを何回か見ました。

あれも、外の世界を教えていたんですよね、きっと。

我が家もそうですが、成人式を迎えてもまだ自立してない人間は多いと思います。

猫は早ければ生後2か月で親離れ子離れをするとも言われています。

本当に凄いです。

娘・・・、猫を見習ってちょうだい・・・と思うこの頃です。

子猫ちゃんたち、生後40日、走り回ったり、キャットタワーに登ったり随分動き回るようになりました。

離乳食も少しずつ進んでいます。

このまま健やかに元気に育つこと祈りたいとおもいます。

DSC_2291.jpg
障子に寄りかかりながらの怠慢授乳中!!




スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/18(Mon) 07:35 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック