まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
捨て猫はやめてくださいね ・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん
2015年06月01日 (月) | 編集 |
先週の金曜日、猫仲間さんから、この春に仔猫ちゃんを産んだ母猫ちゃんが仔猫ちゃんを連れてきたと連絡が入りました。

保護してくださいと返信。

お外の猫ちゃんが、ご飯場にデビューしてきたときには1か月半過ぎていて、よっぽどのことがない限り捕まりません。

だから、せめて、捕まる子猫だけは保護しようと・・・。

仕事が終わり、夜、迎えに行くと、生後1か月くらいの4匹の子猫ちゃんが・・・。

DSC_2355.jpg


猫仲間さん曰く、子猫ちゃんが玄関に入ってきたとのこと。

人馴れ抜群。

初めてのご飯デビューなのに、食べる?

お腹がいっぱい?

雨が降っていたのに、濡れていない?

・・・捨て猫・・・。

この猫仲間さんのお家のすぐそばに、市が管理する森があります。

そこに捨てられていた仔猫をこの家なら世話をしてくれると大人の猫ちゃんが連れてきたんでしょう。

私の管理するアウトドア猫軍団も、捨てられていた仔猫ちゃんを連れてきます。

知り合いの方も、猫を飼っていて、その猫がお外に行ったときに、子猫ちゃんを連れ帰ったそうです。

何にも考えていないようだけど、猫ちゃんの方が人間より思いやりがあったりして・・・。

それよりも、お願いですから、捨てないでください。

ご飯が食べられるようになったからと捨てても、外では生きていけません。

捨て猫は罰金100万円以下の刑罰となります。(以下、動物愛護法参照)

お金の問題ではなく、心の問題です。

自分がその捨て猫だったらどうですか?

猫ですら、捨てられた仔猫ちゃんを助けようとしています。

人間だったら、もっと猫のため、共存するためにどうしたらいいか考えられると思います。

それが、命の大切さ、そして、他の人(動物)を受け入れることの大切さを未来の子供たちに教える教育にもなるのでは?

私が小さいころみたく、動物を公害の原因と考えるのではなく、共存が当たり前の社会に戻ってほしいです。

とにかく、捨て猫はやめてくださいね。

猫ちゃんだけでなく、捨てられた場所の住民、届けられた行政の方、どうにかしようとしているボランティアさん、みんなの迷惑です。

宜しくお願い申し上げます。


***************************************************************************************************

捨てられていた生後1か月の黒猫「ふれあいチーム」の里親募集です。

DSC_2360.jpgDSC_2361.jpg
DSC_2362.jpgDSC_2358.jpg

ピンクの首輪が女の子で、残りは男の子です。
現在、体重400~500g。
推定月齢1か月ちょい。
保護当時は風邪をひいていましたが、今は大丈夫です。
カリカリも食べます。
人馴れは抜群です。
先住猫・先住犬がいても大丈夫です。
兄弟一緒に里親様になってくださる方を優先いたします。
現在、数件の物件があるため、とおくまでお届けしている時間がありません。
千葉県鎌ヶ谷市から車で1時間半くらいまでの方を希望します。
あとは、要相談です。

ご関心・ご質問がある方はメールフォームからご連絡ください。
宜しくお願い申し上げます。



***************************************************************************************************
虐待や遺棄の禁止

愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者→2年以下の懲役または200万円以下の罰金愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者→100万円以下の罰金愛護動物を遺棄した者→100万円以下の罰金※愛護動物とは1 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
2 その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの


虐待の禁止

 動物虐待とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。

 なお、食用にしたり、治る見込みのない病気やけがで動物がひどく苦しんでいるときなど、正当な理由で動物を殺すことは虐待ではありませんが、その場合でもできる限り苦痛を与えない方法をとらなければなりません。



遺棄の禁止

 動物の飼い主の責任には、動物を正しく飼い、愛情を持って扱うことだけでなく、最後まできちんと飼うことも含まれます。飼えないからと動物を捨てることは、動物を危険にさらし、飢えや乾きなどの苦痛を与えるばかりでなく、近隣住民にも多大な迷惑になります。また、近年は、日本の自然に生息していなかった外来生物が野外に放たれ、それによる農業被害や生態系破壊が大きな社会問題になっています




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック