まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
素敵な方々に巡り合えて幸せです♪
2015年11月29日 (日) | 編集 |
今日は、素敵なお仲間さんの紹介です。

PC版からですと、左にあるバナーをクリックすると、ブログが見れます。

是非、応援お願いいたします。

以下、向日葵の会の紹介です(向日葵の会のブログより)

**********************************************************************************

ひまわりニコニコ…向日葵の会とは…ニコニコひまわり

Twitterで出会った犬猫を愛する仲間の集まりです。


少しの会費を集めて、保健所で新しい家族を待つ子を飼い主様へ繋げたり
仔猫を保護して家族を探したりしております。


保健所やセンターには、棄てられた可哀想なワン犬ニャンコ猫がいます。

どうか大切な家族を棄てないで下さい。

大切な家族が
居なくなったら
探してください…ぐすん


そんな保健所にいる犬猫をレスキューしてあげる会です。
団体ではありません。

各地ボランティア様の支援も行っております。


向日葵
ブログはこちらから



追伸
 今、動物病院で知り合ったご高齢のご夫婦から依頼がました仔猫ちゃんを里親様のところにお届けに行きました。
 依頼主様は動物好きで、最後の最後まで仔猫ちゃんを手放すことに躊躇していました。
 ただ、最後までお世話ができる自信がないことと、飼い主様が入院され、外に出されてしまった成猫ちゃんを保護したいこともあり、 子猫ちゃんの里親行きを了承してくださいました。
 今は厳して決断だったと思います。
 でも、数年後はこれで良かったと思えると思います。
 現在、飼い主様がご高齢で、入院や亡くなった時に、センターに持ち込まれ、最悪は殺傷処分になってしまいます。
 そうでなければ、お外に出され、ご飯を食べることもできず、この季節なら寒さに耐えなければなりません。
 これは、ご高齢者に限りません。家族がいても、未来に何か起きるがわかりません。
 その時のために、どうしたらよいか、考えていただけると助かります。
 さて、今回の里親様も素敵な方でした。
 お子様3人+生後2か月の子猫ちゃんがいるファミリーです。
 お父様は何でも作るのが好きらしく、これから仔猫ちゃんたちのために、遊び場を作ってくださるそうです。
 仔猫ちゃんも満足したのか、里親様の膝の上から動きませんでした。
 よかったです。 
 Iファミリー様、どうぞ仔猫ちゃんたちのことよろしくお願い申し上げます。

 私もそんな素晴らしいお仲間さん、里親様&保護主様と巡り合えて、幸せです。
 ありがとうございました。

 

今年も残るところ、あと1か月。

毎週お届けの予定が入っています。

感謝です。

ところで、我が家の風邪引きTチーム。

君たちはいつ里親募集できるようになるの?

もう、2ヶ月我が家にいるよ。

そろそろ、里親に行きませんか?

DSC_2845.jpg
笑幸(にこ)ちゃん     幸太郎君
DSC_2847.jpg
 健太郎君

そして、我が家の裏の家Mチームの残りの1匹の百愛ちゃん。生後5ヶ月1.1kg。小さくて心配で・・・、我が家に3ヶ月。
何気なく感じていますが、主治医にも言われました。
「居残りオーラが出てるね」と・・・。
毎日、聞いてます。
「百愛ちゃん、どうするの?」と・・・。
DSC_2841.jpg
百愛ちゃん


 
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック