まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
FIPの元気君、2か月ぶりにご飯食べました。(^^)v
2016年04月14日 (木) | 編集 |
不治の病と言われるFIP(猫伝染性腹膜炎)の元気くん、2月17日からずーっと食欲不振で、自分から餌場に来て、ご飯を食べませんでした。

だから、高栄養のロイヤルカナンの退院サポートを強制給餌していました。

鼻づまりもあり、1回で20gしか食べれないので、一日10回の強制給餌です。

が、昨日は、ご飯の時間に自ら餌場にやってきて、ウェットとカリカリを。

約2カ月ぶりです。

食後は、爪とぎにグルーミングとご機嫌モード。

ただ、体重が増えません。

元気隊長の元、体内兵隊さんが強敵コロナウィルスと戦っていて消費エネルギーが高いためと思います。

元気隊長、頑張れ~。

このまま、回復してほしいです。

二年前の昨日、パルボを発症しました。

このとき、愛護センターでワクチン接種をしていただきましたが、その3日後なので、抗体はできていないときでした。

通常、抗体ができるまで、二週間かかります。

そして、その5日後に強毒カリシを併発しました。

今、生きているということは、この強敵ウィルスに勝ちました。

今度も、勝つぞ~

元気くんならできる。

神様、今度も、元気君を守ってください。

元気君、あなたは凄い子です。

私の自慢の息子です。


DSC_3130.jpg

やつれ顔から顔がふっくらしてきました





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック