まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
耳をすませば、そこには生後1ヶ月130g (°Д°;)( °Д)(  °)(  )(°; )(Д°;)(°Д°;)
2016年05月17日 (火) | 編集 |
今日は、朝から、時間に余裕が・・・。

FIPの元気君も、いつも以上の食欲。

最近は読書する余裕もあり、平和な日々が・・・。

出勤30分前、どことなく小さな鳴き声が。

いつもの通りに鳥かなと思いつつ、庭に出てみると。

耳を澄まさないと聞こえない鳴き声が。

お隣の家の室外機の下にいました、子猫が2匹。

(°Д°;)( °Д)(  °)(  )(°; )(Д°;)(°Д°;)

この大雨でビショビショ。

とりあえず、家に連れて行き、タオルで身体を拭いて、ペットヒーターを生ちゃんから奪い取り、ゲージの中にセッティング。

そして、体重測定。

236gと130g。

歯は生えているから、生後1ヶ月過ぎてます。

仔猫ちゃんの推定月齢は、体重ではなく歯で見極めます。

小っちゃー。

130gって、生後1週間の体重。

団長のゆずを保護した時、生後5日で150g。

乳飲み子の生ちゃんは、生後1ヶ月で約400g。

我が家で産まれた心臓病の真君もそのくらいでした。

本当に小さく、骨と皮だけ。

さすが、我が家です。

普通に元気な子は保護されません。

一番小さい仔猫ちゃん、今まで保護した中で最少だと思います。

ただ、元気があります。

ミルクがないので、ロイヤルカナンの退院サポートをあげたら、食べます。

手についたご飯を自分で食べてます。

間違いなく、生後1ヶ月過ぎ。

そして、出勤10分前、また、鳴き声が・・・。

あと1匹いました。

体重200g。

今年は、元気君がいるので保護は自粛する予定でしたが、もれなく仔猫祭りはやってきました。

とにかく、無事に大きくなってね。

これから母猫からの免疫力がなくなってくるので、風邪もひきやすく、細心のお世話が必要です。

こちらも、前ブロの通り、しばらくは毎週インターフェロン。

生後1か月までの方が手はかかりますが、病気はしにくいので楽かもです。

元気君も私も体調が回復方向なので、無理せずに仔猫ちゃんのお世話をしていきます。

写真は、撮れたらアップします。




スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック