まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
里親様からのかわいいツーショットです ♡( v^-゚) ドヤッ! (゚ー゚)
2016年05月26日 (木) | 編集 |
4月に里親様に行きました仔猫ちゃんの里親様からご報告がありました。

DSC_0487.jpg

見てください、この写真。

何かのモデルのような癒しの写真。

里親様はとても素晴らしい人で、車の中には軍手とお線香があるそうです。

道端などで亡くなった猫ちゃんを見つけては、道路や空き地の端に置いてお線香をたくそうです。

何故、道路や空き地の端に置くかは、そのまま行政に連絡し処分をしてしまうと、飼い主様がわからなくなってしまうからだそうです。

それと、お届けした時、私が見ている限りでは、一番喜んでくれたのは、子猫ちゃんのお隣にいるチワワちゃんでした。

仔猫ちゃんも、すぐに馴染んで、「私はここが気に入ったから、あなたは早く帰りなさい」オーラを出してました(笑)

犬や猫は仲が悪いなんて、方便ですよ。

あとは、そのわんちゃんや猫ちゃん、ご家族様によると思います。

我が家は犬もいるので、犬とは問題ありません。

小さな子供はいませんが、私は産まれた時から動物に囲まれて生きてきました。

だから、小さな子供がいらしても問題ないです。

しかも、猫は20年以上生きます。

今子供が0歳なら、その子が20歳になります。

里親様に問題ないですよね。

今子供が20歳なら、その子が40歳まで生きますし、その間に結婚して子供ができるかもしれません。

子供が生まれたから返してとは言えません。

小さなお子様のいちるご家庭だけではありませんが、猫を飼うことで、猫も飼い主様もあゆみより、成長し、共存していけたら幸いです。

私は、里親様に託した猫ちゃんとご家族様に何か問題があれば、一緒に考えていきたいと思います。

今だけではなく、猫生20年を考慮し、里親様を決めていきたいと思います。

さぁ、子猫祭りももれなく始まりました。

前回ブログした極小の大生(だいき)くんも凄い勢いでご飯(ロイヤルカナンのベビー)を食べて、体重も180gまで増え、私のストーカーしています。

DSC_3233.jpg

FIPの元気くん、発症して3ヶ月すぎましたが、発症前より動き回ってます。

RIMG0335.jpg

また寝不足でグロッキー気味ですが、猫達に負けずに頑張ろうっと!!


スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック