まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
寄ってきますね 。゚(。pдq。)゚。
2016年07月05日 (火) | 編集 |
タイトルの「寄ってきますね」は、先日、かかりつけの動物病院の看護師さんに言われた言葉です。

何が寄ってくるかって?

それは、来る猫来る猫何かしらの病気や難題を持ってくるのです。

この二年間で持ち込みでパルボ祭り4回開催してます。

みんな律儀だからね~。

ただでお世話になるのは悪いからと、お土産持参できます。

我が家は、
 
     ゆず(団長・生後5日から保護)
     元(我が家のウッドデッキの下にいました・現在歯肉炎)
     みかん(愛犬がなくなった次の非に庭の犬小屋で産まれました・歯肉炎予備軍)
     ちぃ(うちの前の緑地で保護・強毒カリシを何もせずに克服)
     はち(うちの庭にいたところをTNR後に保護)

までは、私が自主的に家族として迎え入れた子たちです。

その後の
     もも(保護時交通事故で骨折・その後数々の病気を)  
     福(庭で保護・家庭内野良猫)
     元気(パルボ&強毒カリシを克服後倦怠感、そして、現在FIP・鼻の骨変形)
     夢(家庭内野良猫)
     和(角膜に炎症・発達不良) 
     平(和と兄弟)
     生(生み落としの超虚弱児・努力性呼吸・副鼻腔炎・鼻の骨変形・免疫弱・形質細胞性足底皮膚炎・他)
     真(先天性心臓病(右心室の弁形成不全)
     百愛(先天性肝臓病)
     夢飛(眼球破裂)
が、里親に出せなかった子たちです。

我が家の猫軍団に入団しました。

そして、今いる保護猫ちゃんたちも、全身カビルンルンの「よくなれ、よくなれ、良成君」をはじめ、発育不良他など。

DSC_3291.jpg


だいたい我が家に来る保護猫ちゃんで、病院にお世話にならない子は皆無に近いです。

そんな子ばかりだから、免疫力を上げるインターフェロンは必須です。

週1で打っています。

この週末は、400gの輝姫ちゃんが、食べたものが消化されずに超特急の場合は、追加のインターフェロンです。

仔猫ちゃんの下痢、特に超特急でしたら、一晩で虹の橋を渡ることもありますから。

現在は、院長と副院長のコラボの処方のおかげで、下痢はとまり、1命は取り留めました。

そして、昨日、カビルンルンの良成君は、食欲不振のため、インターフェロンです。

身体中が真菌に侵されているので、免疫力が低いです。

風邪も患っていて結膜炎があり、重症化しないためにインターフェロンしていただきました。

おかげで、今朝は食欲もあります。

ただ、このジメジメした季節なので、菌の勢力が強く、このままだと毛のない猫のスィンクスになってしまいます。

帰ってから、私の勤めている会社の社長が開発した殺菌用シャンプーします。

保護猫ちゃんが来ると、落ち着くまではこのような状況です。

というわけで、現在、これ以上の保護は無理です。

週末には約10匹、動物病院です。

今年の明細書は180枚超えていると思います。

我が家決定の子たちだけで保護は厳しかったのですが、相談があり放っても置けないので保護しましたが、回ってません。

投薬・目薬・塗り薬・体重測定・口内点検・前進チェック等・・・。

そして、構って攻撃への対応・・・。

本当は、FIPくんに一番構いたいです。

現在、天候が悪いせいか、また新たなる病気が発覚し、食欲不振で体重減少もあります。

1週間前は、熱が41.5℃に胸水も貯まっていました。

が、胸水は抜けました。

熱はたまに出ているので、体力の消費が気になります。

朝5時から12時まで、座ってご飯も食べられない(忙しすぎて食べかどうかも覚えてないときが・・・)・・・。

仕事をしているときの方が楽です。

病院で診てもらっているときに、主治医から「この子は・・・・」と怪しいことを言われるたびに、「もういい!!」と口走ってしまいます。

はぁ~。

ちょっと私の現状を整理しないと、皆倒れしそうなので。

とにかく今はみんなを無事里親様に託せるよう頑張ります。


 








     
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック