まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
命の権利
2016年08月06日 (土) | 編集 |
今日通院の時、主治医から、医学的に助からない病気のとき、安楽死を推奨するときがあるけど、ゆずがんさんにはお話しないと言われました。

その理由として、最後までみる方針でいるからと。

理解していただき、ありがとうございます。

私には、猫たちの命を決める権限はないことと、病院の先生やスタッフさんに嫌な思いをさせることが嫌だからです。

安楽死は猫のためなのか?

それとも人間のためなのか?

それによって、安楽死の価値が違いますよね。

どちらにせよ、私はできる限り安楽死は選択したくないです。

動物たちには安楽死の選択はないですから。






スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック