まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
超虚弱児の生ちゃん、2歳おめでとう!!
2016年09月15日 (木) | 編集 |
私の王子様の生ちゃん、今日で、我が家に来て2年目となりました。

DSC_3435.jpg


その2日前の13日、産み落としで4時間泣き続け、Y夫妻に拾われました。

生後1か月までは順調でしたが、その後、猫風邪で重度の結膜炎、鼻水、鼻づまり、黄疸、舌に潰瘍2回、低体温、そして、肺炎。

「無理」といわれた生君ですが、免疫力はないものの、生命力が強く、復活!!

現在も、毎週のインターフェロンと二週に1回の抗生剤で生きてます。

先日も、抗生剤を2日忘れたら、気管支炎・・・。

また、肺炎の後遺症で、1歳まではお腹にエイリアンがいるような努力性呼吸。


生ちゃん、生後3ヶ月。酸素ハウスの中で。

今も、体内酸素濃度は普通より少ないんでしょうね。

ご飯を食べる時は、まずは深呼吸から始まります。

それでも、1歳過ぎから努力性呼吸は落ち着いてきました。

今は、新たなる病気として、肉球が腫れる「形質細胞性足底皮膚炎」の疑惑が・・・。

そのせいか、足の付け根のリンパが腫れてます。

3月頃から著しい体重減少も心配。

後、尿結石予備軍も・・・。

それでも、ご機嫌で過ごしています。

夜は私と一緒に寝ます。

まだまだ、心配な生君ですが、また、この一年無事に過ごせますように!!

生君、いつまでも私の王子さまでいてね。



スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック