まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
「シャー・プッ」「バシっ!!」
2016年11月22日 (火) | 編集 |
裏の子育てメッカに三匹の子猫ちゃんがいるという情報のもと、捕獲器を仕掛けたら、見事保護することができました。

じっくりと保護している余裕がないので、捕獲器は助かります。

まず、最初は男の子でしたが、威嚇もなく、保護当初から触れ、抱っこできました。

DSC_3544.jpg
良太君(里親様決定)

が、3日間は、夜間リサイタルコンサート(夜鳴き)を開催していました。

それから1週間後に保護された女の子。

DSC_3566.jpg
        良夢(らむ)ちゃん   恵夢(えむ)ちゃん

「シャー・プッ」「パシッ!!」(威嚇&猫パンチ)

久しぶりに、生粋の野良ちゃんです。

病院につれていくときは、洗濯ネットを使いました。

抱っこできるのに、どれくらいかかるのか・・・。

里親様のクリスマスプレゼントになれば・・・と。

でも、予想外に、三日目から抱っこできてしまいました。

残念!!

慣れていない子が慣れてきたときの醍醐味は何ともいえないので、もう少し楽しみたかったかも・・・。

それでも、完全に慣れてませんから、抱っこしてても、隙あらば逃げようとたくらんでます。

そのため、もうしばらくはゲージの中です。

かわいそうだけど、今、我慢すれば、あとは幸せが待ってます。

そのために、もうしばらく頑張ろうね。

因みに、この状態でも、ご関心のある方は、

    kamagaya_neko@yahoo.co.jp

まで。

慣れていない子が、ゴロニャンになっていく過程は、新発見がいっぱいで、楽しいですよ。

それでは、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック