まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
里親希望者様へ
2016年12月23日 (金) | 編集 |
私も、この活動をはじめて、最初の頃は、お外にいた猫がお家の中に入って、お腹いっぱい、快適なお家の中で暮らせれば良いことしか考えていませんでした。

だから、単独でも里親様が決まればいいと思っていました。

が、保護しているうちに、猫たちに個性があり、社会ルールの上、みんなで仲良く暮らしています。

私がご飯を食べているそばて、子猫たちは走り回り、みんなでくっついて猫団子してたり、人の腕をしゃぶってたり、人の手を持ち自分の頭に引き寄せカキカキしてと要求したり、ご飯を食べたり、トイレをしたり、じゃれあったりと、人間となんの変わらず、暮らしています。

十分にかまってあげられない、高いご飯は上げられませんが、まったりのんびりしている姿をみていると、楽しそうに見えます。

それが、単独で里親様へ託すということは、その楽しい、お仲間さんがいるから心強い世界から、1人ぼっちにされて、知らない人のところへ・・・。

もし、ずーっと単独飼いだったら、会話が通じない世界に生涯いなければならないんですよね。

それが、猫にとって、苦痛かどうかはわかりません。

ただ、自分だったら、嫌だなと思います。

結局、人間の身勝手なんですよね。

だから、途中からは、せめて、できる限り2匹以上で里親様になってくださる方にお願いすることにしました。

猫達は、本当は、里親に行きたくない・・・。

だから、お届け前には、体調が悪くなったり、悪いふりをしたり、隠れたりするんですよね。

中には、里親様宅で思いもよらない行動に出たり・・・。

私が管理している黒猫兄弟。

いつも一緒にいて、じゃれあったり、寝たりしています。

この子たちは、お外にいるけど、兄弟一緒だから、それはそれで幸せなのかと思います。

家にいて、兄弟バラバラになっても、ご飯と快適な寝場所があるのがいいのか、お外にいて、兄弟一緒に自由気ままに生きている方がいいのか、常に考えます。

難しいですね。

何がいいかはわかりませんが、できたら、二匹一緒に里親様になっていただけたらと思います。

猫ちゃんにとっても、仲間がいることはなによりも心強いです。安心です。

人間と同じです。





DSC_2932.jpg
二男の元(がん)ちゃん

口内炎の治療中!! 
今は、社長が開発してくれたマウスケアジェルのモニターしてます。
最近、食欲旺盛!! 効いてるのかな?




スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック