まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
野良猫の何が悪いの?
2013年05月22日 (水) | 編集 |
今日は、愚痴です。

野良猫を悪く言う人たちに聞きたいです。

野良猫の何が悪いんですか?

好きで野良猫になったわけではない。

元々野良猫は存在せず、人間が捨てたのが原因です。

もし、私が食べるものを買うお金がなかったら、誰かに助けを求めるかもしれない

それでもだめなら、盗むかもしれない。

トイレをしたいとき、そばにトイレがなかったら、どこかに隠れてするかもしれない。

実際、タチションする人いるでしょう。

なのに、どうして人間はよくて、猫はだめなんですか?

食べ物がなくても我慢できる、トイレがなくても何日も我慢できる…。

私にとってそんな尊敬できる素晴らしい心の持ち主さんなら、野良猫にやさしくしていただけたらと思います。

小学生のころ、弱いものを助けると教わりましたよね。

命の大切さ教わりましたよね。

それとも、人間だけつまり自分たちだけ良ければいいと教わりましたか?

野良猫もきちんと管理すれば悪さはしません。

現に、私たちが管理している猫は、ごはんがあるのでゴミをあさりません。

寝床があるので、他人様の庭を漁ったり行ったりしません。

トイレ場所があるので、他人様の庭ですることがほとんどなくなりました。

そして、猫軍団のボスが頑張ってよそ猫がくると追い出してくれるので、餌をあげていても猫が増えることはありません。

きっと、この猫軍団がいなくなったら、また、新しい猫達が来るでしょう。

それは餌があるというより、猫にとって隠れられる場所が存在するからです。

私がこの一年間で経験したことは、仔猫は草むしりをしない、一年中草を生やしっぱなしの庭で産みます。

人間は原因・究明・対策を考えることができると思います。

猫にはできません。

だったら、猫より人間の方が賢いのだから、問題が生じたら対策を考えればいいのだと思います。

餌やさんは、私もそうですが、
 
「猫が好き」というより命を重視しているのだと思います。

ただ、そのあとのことがわからないだけです。

猫の餌やりだって、経済的に大変です。

餌やりさんがいるから、ゴミが漁られないのです。

そんなことも想像できないで、文句言う方って…。

市役所の方が、

「餌やりさんはかなりいろいろと言われて傷ついている」

とおっしゃっていました。

思いやりという部分を考えると悲しい話です。

我が家の近隣の方は理解のある方が多く、庭にトイレをされても処理をしてくださってくれています。

本当に感謝です。

だからか、私たちが管理している猫軍団は能天気です。

猫軍団は喧嘩はしません。

みんな仲良く共存しています。

警戒心が少なくているのは、周辺の方の理解の賜物だと思います。

地域猫活動をしている私たちにとっては本当に感謝です。

そして、今回不妊手術をしたことで猫達もおとなしくなり、たまに、感謝の言葉をいただくことがあります。

もったいないお言葉です。

不妊手術をすることで今年は仔猫は生まれません。

増えません。

野良で生存している動物たちで唯一管理が可能な動物ではないでしょうか?

だったら、次世代を担う子供たちに弱い生き物たちへの対応・命の大切さを実地で教えるいい機会だと思います。

動物を世話することは思いやりがなくてはできません。

会話ができない動物の心を読み取って行動することは、大人になった時役立ちます。

人間として必要なことですから。

野良猫だけの観念にとらわれず、その背景に潜む状況を考えてほしいと思います。

それができるのは人間だけです。

せっかく考えることができる恵みをいただいているのだから、フルに利用しましょう。

人と猫が共存することはできます。

さて、あなたはフルに頭を使い、猫と共存する対応策考えられますか?

さて、あなたの行動は子供たちの教育上堂々と見せられるものですか?

できる人いると思います。

その人たちから見て、あなたの行動はどう思われるでしょうか?

逆の立場からみてみると答えはでますよね。











スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
まったく同感です。
うちには飼い猫がいますが、外には野良もいますし来ます。
来る野良には、飼い猫が残した餌をあげています。田舎でもあるので環境差による人の対応の仕方も鷹揚だと思います。
野良でも野良なりのルールがあるようで、決して悪さをしません。餌が確実にもらえるならばゴミを漁ることもしません(漁るのはむしろカラスのほうが顕著です)。寒い所なのでなかなか育たないのか猫は繁殖しても、殆ど数が変わりません。
当地は熊も出ますが、昔熊は山から下りてくることなどありませんでした。
共存してきたはずなのに歪んでしまった原因を作ったのは人間、いろいろ考えなければならないのは、人間の行いのほうです。
2016/12/20(Tue) 14:08 | URL  | かかまる #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック