まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
角膜穿孔の大陸(たく)くん
2017年06月05日 (月) | 編集 |
前ブログで、向日葵ちゃんといつょに写っていた大陸(たく)くん。
DSC_3616.jpg

保護したときには、右目の角膜に穴が開いていました。

今までも、角膜穿孔や水晶体破裂など、いろいろな子がいましたが、大陸君見た目が一番酷いかも・・・。

猫風邪(ヘルペスかな?)によるものです。

あっという間に、こんな目になってしまいます。

中には、引っ掻きすぎて、目が取れることもあるそうです。

たかが猫風邪と思う人も多いと思いますが、人間より酷いです。

命を失うことも少なくありません。

鼻が詰まれば、ご飯食べませんから。

子猫だったら、すぐに脱水してしまいます。

大陸君、少しずつ回復してきてます。

ご飯もたくさん食べるので、保護した10日前が400g、今朝は520gと120g増えました。

今までの目に穴が開いた子は、奇蹟的にもみんな良くなってます。

大陸くんも、そうなること祈ります。

よくなれ、良くなれ、かわいいお目目になるんだよ。
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック