まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
虐待(?)現場から
2017年07月20日 (木) | 編集 |
となりの市の大きな団地内で、虐待が行われている疑惑があります。

慣れている子猫が何匹もいなくなったり、傷つけられている猫が増えたりと・・・。

餌やりさんへの脅迫文もあるそうです。

一昔以上前から、「犬猫駆除日」があるとかで・・・。

その話を聞いて、仔猫ちゃんだけでも保護してほしいとお願いし、昨日、2匹やってきました。

DSC_3680.jpg
    美咲(さくら)       美麗(うらら)

鼻水・くしゃみ・目ヤニで顔はぐちゃぐちゃです。

もちろん、蚤も・・・。

餌やりさんが、慣らしてくれたので、人馴れは抜群です。

身体は辛いと思いますが、喉をゴロゴロしてくれます。

お外でよく頑張ったね。

早く良くなって、素敵な里親様見つけようね。

こういうところにいる猫ちゃん、どうにかご飯は貰えても、お水が確保されているかわかりません。

ただでさえこの暑さは厳しいです。

それなのに、こんなひどい猫風邪で、お外にいたら、虹の橋を渡ることの方が多いと思います。

この現場、まだ、風邪ひきの子猫ちゃんはいるそうです。

また、大きな団地ということで、他にも現場がたくさんあるみたいです。

猫嫌いさんにとっては、猫がそこにいるだけで嫌なんでしょうが、せめて、何もしないという思いやりは欲しいと思います。

猫も生きてます。

風邪もひきます。

人間と何も変わりません。

もし、自分が猫だったらどう思うのか考えてみてください。

私は、弱い人間だから、痛い・苦しい・空腹・孤独・・・耐えられません。

だから、保護してしまいます。

せめて、残りの子猫ちゃんたち、無事保護できること祈ります。








スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック