まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
猫に噛まれたら・・・  ~(>_<。)\ イタタ
2017年10月04日 (水) | 編集 |
1週間前、体調が悪い猫を病院に連れて行った時、待合室で撫でていたら、いきなりカブッと・・・。

その間5秒・・・。

はっと我に返り、急いで、口を開けて、傷口を洗いに。

穴は開いていたものの、流血はせず。

持っていた殺菌剤を塗布。

その日は、慢性睡眠不足で睡魔に勝てず、そのまま寝てしまいました。

で、翌朝、なんか痛むと、抗生剤を飲んで、消毒して、会社に。

段々と腫れが大きくなり、痛みも・・・。

なにげに微熱もある・・・。

で、近くの総合病院に行って、抗生剤の点滴と抗生剤を処方してもらいました。

段々と腫れは小さくなっていくものの、いったて熱はひかず。

当初は、車のエンジンをかけたり、ペットボトルの蓋をあけることもできませんでした。

が、1週間経った今、まだまだ噛まれたところの赤味や腫れはひかず、昨日も抗生剤の点滴をしてきました。

今も痛みどめ服用です。

噛まれたこと、爪が入るくらい引っ掻かれたことがあったけど、ここまで腫れたのは初めて。

入院を薦められましたが、猫軍団のお世話をする人がいないので、お断りしてきました。

まぁ、人間だって、体調が悪いとき、放っておいてと思うときありますよね。

それをかまった私が悪いんです。

その猫ちゃん、かなり危なくて(どうも酸欠だったみたい)、ダメになるかと思いましたが、持ち直してくれたのでOKです。

猫に噛まれたり、引っ掻かれた時には、外科もしくは整形外科に緊急で診てもらってくださいね。

とくに流血していない場合は、菌が奥から出てこなく、かさぶたで蓋をされ、傷口の奥から菌が増殖して、へたすれば全身に回りますので。

私の今回のパターンです。

というわけで、現在、負傷中のため、何かと対応が遅いです。

また、これ以上のお世話は無理なため、治るまで、保護活動は休止いたします。

ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。
















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック