まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
捨て猫が多いです
2013年09月19日 (木) | 編集 |
ここのところ、ご相談が多いのですが、「捨て猫」が多いです。

しかも、確信犯がいます。

   ①仔猫のときは家の中でかわいがり、大きくなると外に出す
   ②不妊去勢手術をせずに、飼い猫がどんどん増えてしまい捨てる
   ③頼まれて猫を捕獲し、近所に捨てる。野良猫・飼い猫お構いなし…。

などというお話しが聞こえてきます。

昨日、ご相談者は、近所の野良猫を10年近く不妊手術をしてきた方です。   

もちろん、助成金なんてありませんから自費で。

この相談者様、「近所の高齢者が8匹飼っていて、不妊手術していないからとりあえず女の子だけでも手術しなくちゃ」
と、近所の高齢者ではなくこの相談者様が自費で行うそうです。

感謝です。

そして、この相談者様のおかげで、近所の猫は10匹以上いたのが3匹くらいに減ったのに…、また、増えたそうです。

原因は②&③。

おおよそ誰がやったかはわかっていても、現行犯ではないのでどうしようもありません。

鎌ヶ谷市内、野良猫の不妊手術を自費でしてくださっている方、結構います。

なのに、それにもまして捨てる人が多いみたいです。

いくら不妊手術をやっていっても、捨てる人がいたら追いつきません。

不妊手術をしてくださっている方の負担を考えてください。

もし、自分がその捨てられた猫だったらと想像してください。

捨てた場所にお住まいの方のことを考えてください。

それでも、猫捨てますか?

それは、人として、大人として、未来を背負う子供たちにどうどうと見せられることですか?

猫を捨てる前に一旦考えてください。

その行為は、人の迷惑にならないかを…。





スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック