まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
ご高齢者問題
2013年10月11日 (金) | 編集 |
最近、ご相談を受けた3件で共通なことがあります。

それは、ご高齢で多頭飼い。

今回、別件ご相談うけている方は、お家の中で16匹+お外で??匹飼っています。

ご主人は猫嫌いだそうです。

もし、その方が入院もしくは亡くなったら、この猫達はどうなるのでしょうか?

自分がいなくなった時のことまで考えて、飼ってほしいです。

昨年、動物愛護センターに「自分は高齢で飼えないから」と2匹の猫ちゃんを連れてきたおばあちゃんがいたそうです。

この猫ちゃんたちは、動物愛護センターの職員様の努力により、奇蹟的にも飼い主が見つかったそうです。

だからと言って、動物愛護センターに連れて行っても、必ず見つかることはありません。

見つからない方が多いです。

これから、こういう問題、飼い主さんが病気やなくなったりして、飼い主さんが突然いなくなるケースは増えていくのでしょうね。

けして、ご高齢だから飼ってはいけないとは思いません。

猫はあたたかく人を見守ってくれる能力があり、セラピー動物として適していると思います。

だから、飼うときは家族の同意、また、単身者の方は後継者をつくってから飼っていただきたいと思います。

野良猫り餌やりさんも同じです。

我が家は、主人も娘も動物好きです。

何かあったときは世話をしてくれると思います。

日頃ケンカの多い家族ですが、動物好きでよかったと二人に感謝したいと思います。

。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇。〇

里親募集です
251010.jpg

鎌ヶ谷の夢庵のところで保護されました。1か月の女の子です。
もし、里親希望の方、メールフォームからご連絡ください。
宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト
テーマ:里親募集
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック