まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
飼い主のいない猫の不妊去勢手術 3回目
2013年11月25日 (月) | 編集 |
本日、千葉県の飼い主のいない猫の不妊去勢手術のため、動物愛護センターに搬送してきました。

3回目ということで、慣れていない猫ちゃんたち警戒が始まり今回は2匹だけでした。

今回は、当該団体のメンバーさんにお願いし、朝に捕獲でした。

やっぱり朝より夜ですよね。

今度は、12月10日に捕獲予定なので、寒いけど夜に頑張ります。

地域猫の相談より、猫の里親探し依頼が多いです。

猫密集地域に顔出しに行きたいのですが、なかなか里親様にお届けが忙しくいけない状況です。

きっと、これからは里親探しの方も落ち着くと思うので、密集地域に顔出ししたいです。

本日も、動物愛護センターに、20匹くらいいる地域の方から苦情があったそうです。

鎌ヶ谷市が掲げる「人と猫にやさしい地域を目指して」餌やりさんと猫嫌いさんがうまくやっていけること祈りたいです。

それと、本日は、3か月の子猫ちゃんを里親様に引き渡してきました。

突然、餌やりさんのところに現れた仔猫ちゃんです。

餌やりさんに懐いていてとてもかわいがっていましたが、餌やりさんのところもたくさん猫ちゃんがいて、これ以上飼えないため、里親様に託すことに決めてくださりました。

かわいい仔猫ちゃんを手放すのは大変な決断があったと思います。

それでも、外で暮らすよりはと仔猫ちゃんの幸せを一番に考えていただけました。

餌やりさん、今までかわいがっていただき、ありがとうございました。

里親様は、茨城県の動物好きのやさしいファミリーさんで、高校生の息子さんの希望だったそうです。

仔猫ちゃん、大丈夫だから、早く慣れてね幸せになろうね。

DSC_0429.jpg

もう一匹も、今度の土曜日茨城までお届けです。

同じくらいの月例の子猫ちゃんがいるところです。

これからもさびしくなくてよかったです。













スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック