まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
即効決定にありがとうこざいます
2013年12月06日 (金) | 編集 |
今週の月曜日、知人から知人、また知人へと伝言ゲームのように里親探しの依頼が来ました。

私は基本的に保護はいたしません。

我が家は猫軍団が6匹、地域猫15以上。

これ以上は面倒は見れません。

なのに、強行で1か月の仔猫が来ました。

DSC_0474.jpg

人のためなら動きませんが(人間は自分でできるのだから自分で)、猫には罪はありませんから、しょうがなく病院に連れて行ってから、家に帰ってから、里親探しのサイトに掲載しました。

「ぺっとのおうち」「ネコジルシ」、そして、「ジモティー」と掲載が終わり、さぁ、ご飯を食べようとしていた時、電話が鳴りました。

里親になりたいと…。

早っ!!

里親様、以前、白血病で猫ちゃんが亡くなっていて、今いる先住猫ちゃんも15歳なので、白血病やエイズキャリアの猫ちゃんわ探していたそうです。

なんて、心の素晴らしい人なんでしょう。

この時、すでに、私の心の中で、里親様に決定!!

そして里親様は隣の市の方で、明日、鎌ヶ谷の病院に行くから、お見合いという話でした。

その病院というのは、この間保護した猫が車の中で脱走した時、格闘してくれた獣医さんのいる病院でした。

そこの病院に通っているなら、大丈夫と確信しました。

そして、翌日、私の昼休みに病院でお見合い、そして、お引き渡しをしました。

通常は、ご自宅までお届けですが、上記の理由により、里親様として大丈夫と思ったので、今回は、引き渡しにしました。

仔猫ちゃんは、鎌ヶ谷大仏出身なので「大ちゃん」と名付けられました。

また、三段ゲージも用意してくれました。

ん~、今回は本当に早かったです。

大ちゃん、我が家の滞在時間20時間。

里親様、本当にありがとうございました。

食欲旺盛、ちょっと威勢のいい大ちゃん、幸せになってね。

因みに、何度も申しますが、保護はいたしません。

あくまでも、里親探しのお手伝いです。

因みに、今までのパターンは、保護する前に里親様を見つけ、お届けまでの保護は我が家で。

もしくは、保護主様のお宅で保護し、里親探しをしています。

でも、保護していない猫ちゃん、慣れていないと里親様に引き渡せませんから、その点をご注意くださいね。









スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック