まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
鎌ヶ谷市役所さん、素早い対応にありがとうございます
2013年12月11日 (水) | 編集 |
本日、千葉県の「飼い主のいない猫の去勢不妊手術」のため、動物愛護センターへ搬送するため、午前中お休みをとりました。

社長に「猫ボラをするのでたまに休みます」と言ったら、「いいことするんだから、休んでいいよ」とおっしゃってくれました。

社長、ありがとうございます。

話は元に戻って、動物愛護センターに行く前に、鎌ヶ谷市役所によって、地域猫対策についてどのくらい進んでするかお話を伺いに行ってきました。

今季の申請は予算額を満たしたため、申請は終了となったそうです。

もう少したったら、申請場所の実地確認に行くそうです。

そして、先日、私のところにきた相談者様が鎌ヶ谷市役所とお話した時、従来の助言があったそうです。

まぁ、よく言われる「餌をあげなければ猫はいなくなる」です。

そこで、鎌ヶ谷市役所さんにその主旨をご連絡し、鎌ヶ谷市が掲げる「人と猫にやさしい地域を目指して」に合う対応をお願いしたところ、関係部署に「人と猫にやさしい地域を目指す」対応のマニュアルが通知されたそうです。

担当様、猫以外にもお仕事がありご多忙と思うのに、素早い対応に頭が下がります。

ありがとうございます。

私は猫にかかわって1年半、鎌ヶ谷市は今年が初年度。

まだまだわからないだらけです。

もちろん周知してなくて当然です。

でもね、鎌ヶ谷市役所さんはちゃんと対応してくださっています。

もしかしたら、今まで納得できないことを言われた餌やりさんいるかもしれません。

鎌ヶ谷市役所さんはちゃんと「人と猫にやさしい地域を目指して」対応しています。

だから、餌やりさんもご飯をあげるだけではなく、猫嫌いさんが猫にやさしい目で見てくれるよう、去勢不妊手術をして増やさない、トイレ問題には真摯に対応するなど努力しましょうね。

相手の立場(猫嫌いさん)に立って思いやりをもって行動したら、すぐにはいきませんが報われると思います。

猫ちゃんたちのためにも頑張りましょうね。





スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック