まだまだお外には過酷な生活をおくらなければいけない猫たちがいっぱい。そんな猫たちが一匹でも多く幸せになれますように・・・。
かわいいでしょ♡
2017年04月26日 (水) | 編集 |
IMG_20170425_190451.jpg

我が家にいる生後1か月になったばかりの子猫ちゃん。

ご飯を食べた後は、私の膝の上に載ってきます。

めずらしく3匹一緒に写真を撮れたので、アップします。

かわいいでしょ。

大きさはモルモットくらいです。

こんなかわいくて仲良しさん。

とても別々に里親には出せません。

だって、ずーっと幸せでいてもらいたいから。

このかわいさを何度も味わえるのは、猫保護活動者の役得!!

さてと、本日、へその緒がついた乳飲み子2匹が来る予定。

昨晩、歯の神経も抜いたし、準備万端!!

がんばろ-っと。

でも、保護しないんだよね?

私の悪い癖だ~。

まったく、お馬鹿な私だよね・・・。

猫軍団諸君、また、構う時間が無くなって、ごめんなさい。

反省します。
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
餌やりさんへお願いです。
2017年04月25日 (火) | 編集 |
また来ました・・・。

今回、「捨て猫がいる・・・」とご連絡がありました。

よくよく話していると、保護主様がご飯をあげている猫が、子猫ちゃんたちを人間に託したみたいです。

そして、あと二匹お腹の大きな子がいるとのこと・・・。

自分たちは、2匹くらいは避妊手術しましたと。

かわいそうだから、ごはんだけはあげます。

あのね・・・。

生涯ご飯をあげているより、去勢避妊手術をした方が安いんですよ。

因みに、この方は、お店の残り物をあげているから、お金はかからないと。

そういう問題じゃないんだけど。

それと、好きで交尾して妊娠しているわけではありません。

発情期も好きになっているわけではなく、発情期が来れば、男の子に追い掛け回され、無理やりの交尾です。

人間で言えば、レイプです。

そして、家の中での出産も命がけなのに、まして、外での出産は大変です。

常に、ご飯があればいいけど、違います。

妊娠・授乳経験者ならわかりますよね。

お腹がすくんです。

そのような状況はかわいそうではないんですかね。

自分たちが動物愛護者というなら、全部の状況を把握し、その猫ちゃんたちが快適に過ごせるよう、守ってあげてください。

今は、猫アレルギーもあります。

私の里親様の中に、猫を飼うことで、喘息の発作が起きてしまい、ご実家に逃げた方がいました。

たまたま知らないだけで、ご近所にそういう方もいるかもしれません。

それでも、TNRをきちんとして、猫が減って行けば、努力が見られれば、お怒り具合も変わってくると思います。

因みに、私の管理している地域からのクレームはありません。

今回の方、まだ大きなお腹の猫が2匹いるそうです。

その産まれた猫ちゃん、早ければ、秋には子供産みますよ。

お外で産まれた子、病気で苦しみ、死んでいくのが大半です。

TNRをしないということは、苦しんで死んでいく子を量産していることです。

餌だけあげているのは、自己満足です。

ぜひ、避妊去勢手術をしてください。

これ以上不幸な猫を増やさないために。

そこまでして、動物愛護だと思います。

宜しくお願いいたします。








テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
感謝の乳飲み子3匹
2017年04月13日 (木) | 編集 |
火曜日、めずらしく主人から電話。

「子猫が3匹いるらしい・・・。母猫はどこかに逃げた」とのこと。

今年は、我が家の猫軍団と私の身体の状況から保護はしないと決めていました。

が、恩人からのお願い。

断ることはできず、感謝の返上で、保護させていただきました。

が、やはり、我が家での長期の保護は無理なので、早速、里親募集。

タイトルは「3匹一緒にお願いします」

無理は承知です。

でも今までも、3匹一緒、4匹一緒に里親様になっていただいています。

今回は、人間が近づいたばかりに、母猫はいなくなくってしまいました。

それなのに、人間の身勝手で、仲の良い兄弟を引き離すことは、私にはできません。

でも、ちゃんと優しい方はいるんですよね。

たくさんのご応募をいただきました。

その中で、小学生・中学生のお子様・二匹の先住猫ちゃんがいるご家庭に決めさせていただきました。

嫁いだお嬢様二人もお近くにお住まいだそうです。

我が家からも近いので、何かあっらたすぐにフォローできるのも、えらばせていただいた理由の一つです。

保護が数時間遅れて行けば、虹の橋にわたっていたかもしれません。

保護してくださった方、搬送してくれた主人、そして、里親様には感謝です。

保護活動は多くの人の手と愛情があって、幸せのリレーで成り立っているのだと思います。

子猫ちゃんたち、良かったね。

ずーっと一緒だよ。

先住猫ちゃんたちの言うことはよく聞いて、里親様ご家族を癒してあげてね。

元気に育つように、名前は「健(たけ)・康(やす)・育実(いくみ)」と名付けました。

あと数日は我が家で過ごします。

病気せずに、いっぱい食べて・いっぱい寝て、いっぱい遊んでね。

そして、かかわった人への感謝は、幸せになることだよ。

IMG_20170411_161410.jpg
健(たて)  男の子 300g

IMG_20170411_161440.jpg
康(やす)   男の子 275g

IMG_20170411_161556.jpg
育実(いくみ) 女の子 305g

※子猫ちゃんたち動きが早くて、うまく写真がとてなくて申し訳ございません。


テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
(*・ω・)ノ”ii ♪誕生日おめでとう♪真君
2017年04月03日 (月) | 編集 |
4月3日は、真君の誕生日。

IMG_20170402_212716.jpg


真君は、猫仲間さんの地域猫だった母猫ちゃんが堕胎&避妊手術する予定でしたが、脱走したため、捕獲したのち、我が家で出産させました。

それなので、誕生日はわかってます。

普通のお外出身だと、正確な誕生日まではわかりません。

我が家の猫軍団で誕生日がわかるのは、総勢20匹中、団長、みかん、生、真だけです。

真君は先天性三尖弁形成不全の心臓病。

1歳の誕生日を迎えるのは難しいといわれましたが、今日で2歳!!

頑張ってるね。

偉いぞ真君!!

ありがとうね。

今年に入り、腹水でホルスタイン顔負けのお腹。

今は風邪をひいているので、体調がいまいちです。

主治医からも風邪をひくと危険と言われてます。

頑張って乗り切って欲しい。

主治医には、ここまでの腹水は見たことないと言われました。

本当に凄いね。

ママの我儘だけど、長生きしてほしい。

みんなと一緒に全速力で追いかけっこもしてほしい。

そんな日を夢見て、今度は3歳の誕生日を迎えることを目標にして、頑張ろうね。

最後に、今日まで元気にいられたことに、お忙しい中、毎週診ていただいている主治医並びに病院のスタッフさんには感謝してくださいね。

そして、仲良くしてくれる猫軍団のみんなにも「ありがとう」だからね。

**********************************************************************************************************DSC_2321.jpg
生後1ヶ月

DSC_2644.jpg
生後4ヶ月


現在
IMG_20170402_220239.jpg

IMG_20170402_220310.jpg

IMG_20170402_220422.jpg
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
溶血性貧血の幸太君、今度はFIP
2017年03月30日 (木) | 編集 |
昨日の朝、幸太君のお腹が、心臓病の真君と同じことに気づきました。

IMG_20170329_235434.jpg


お腹をたたいてみると、腹水です。

頭には、三文字が・・・。

それは、FIP(猫伝染性腹膜炎)。

不治の病です。

昨年も、この時期に私の王子の元気くんがそうでした。

幸太君、我が家に来た時から元気くんと同じオーラを感じていました。

だから、何度か検査はしましたが、FIPは大丈夫でしたが、貧血がありました。

他の子猫たちと違って、あまり遊ぶことはなく、今度の週末に主治医に相談しようと思った矢先でした。

午後お休みをいただき、病院へ。

その前に、我が家の大食家の9男坊の和君がそばにいたので、お腹を触ってみた時、幸太と似ていたような気がしたので、病院まで行く間、「食べ過ぎでありますように」と願うばかりでした。

診察台の上で、主治医がさわり、

「腹水です」

やっぱり・・・。

わかっていましたが、涙が止まりませんでした。

血液検査では、総蛋白は7.2と基準値内でしたが、アルブミンは基準値より低めです。

腹水をとってみると、黄色~緑色と、FIP独特の色でした。

現在、食欲はあります。

みんなの残飯も食べてます。

今、昼休みに一時帰宅した時も、ご飯を食べていました。

それだけでも、私は救われます。

ただ、幸太の目は厳しいです。

やはり体調は悪いんでしょうね。

幸太は、薬に弱く、抗生剤は下痢します。

ステロイド剤は、肝臓がやられます。

だから、投薬はせずに、インターフェロン連打で行きたいと思います。

免疫力が弱い私の王子は、インターフェロン3連打だと、超ご機嫌。

我が家のルールで、ご飯を食べなければ、インターフェロン。

ウィルス性ならインターフェロン。

(こんなことしているから、県内で一番インターフェロン使ってることに・・・)

私のかかりつけの動物病院は、患者様の意見を尊重していただけます。

動物病院の先生&スタッフ様、今回も、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

さてと、元気くんのリベンジも含め、

「やらずに後悔するなら、当たって砕けろ」で、頑張ります。

馬鹿だからね~。諦めることができないんです。

頑固だからね~。周りが何と言おうとも、結果を見ないと、納得しないんです。

幸太君、我が家の猫軍団のお兄ちゃんお姉ちゃんが応援しているよ。

猫生これからだよ。

病院に行くのはいやかもしれないけど、唯一ママを独占できる時です。

一緒に頑張ろうね。

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット